債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

弁護士と司法書士のどちらに債務整理を依頼すべき?

弁護士とパラリーガル

「債務整理をしようと思ったら弁護士と司法書士、どちらに相談すればいいの?」
「債務整理にかかる費用は弁護士に依頼したほうが高いの?」

債務整理を行うときは、法の専門家である弁護士・司法書士に依頼することで、スムーズに手続きを行えます。

実際に依頼をする際に、「弁護士と司法書士、どっちがいいの?違いは何?」と悩む人も多いです。

本ページでは、弁護士と司法書士の違いや、実際の債務整理の際にどちらを選択すべきかについて、ご説明します。

債務整理を依頼するのは弁護士?司法書士?

任意整理・個人再生・自己破産など債務整理を行う際は、手続きや書類作成を弁護士・司法書士に依頼することができます。

ここではまず、弁護士と司法書士の違いについてご説明します。

弁護士とは

弁護士とは、司法試験に合格し、司法修習を終えた人のことをいいます。

司法書士よりも広い業務範囲を持ち、依頼者の代理人として裁判の訴訟や法的手続きを行ったり、法律相談を引き受けたりします。

司法書士とは

司法書士とは、司法書士試験に合格して、資格を取得した人のことをいいます。

司法書士の主な業務は、不動産の登記・供託や裁判所等に提出するための書類作成・提出などです。

司法書士が債務整理に携わるようになったのは2003年から

もともとは、債務整理といえば弁護士に依頼する手続きでした。

しかし、2003年の司法書士法の改正に伴い、法務省の認定を受けた認定司法書士であれば債務整理に携わってよいということになり、債務整理の依頼先の選択肢が弁護士だけでなく、一部の司法書士も含まれるようになりました。

司法書士に依頼できない債務整理もある

2003年の法改正から、債務整理の依頼先は弁護士・司法書士の二択になりました。

ただし、債務整理の手続きのなかには、「弁護士にはできて、司法書士にはできない」というものもあります。

以下では、司法書士にはできない債務整理の手続きについてご説明します。

あるカード会社からの借金の額が140万円を超える任意整理

あるカード会社からの借金の額が140万円を超える場合、その任意整理は司法書士に依頼できない可能性があります。

これは、司法書士という資格が法律上、140万円を超える民事事件に関する業務を行うことができないからです。

任意整理を行う対象となるカード会社からの借金の額が1社でも140万円を超えている場合、司法書士では対応することができません。

たとえば、A社、B社、C社の3社から合計300万円の借金をしており、A社から150万円、B社、C社から75万円ずつ借金をしている人が、これらの借金をすべて任意整理しようとした場合、A社からの借金額が150万円で、規定の140万円を超えているために、司法書士には任意整理を依頼できないということになります。

この場合は、弁護士に任意整理を依頼すれば、問題なく手続きできます。

逆に、同じように A社、B社、C社の3社から合計300万円の借金をしている人でも、3社それぞれから100万円ずつ借金をしていて、それをすべて任意整理したいという人であれば、どのカード会社からの借金も140万円を超えていないので、司法書士に任意整理の手続きを依頼することが可能というわけです。

同様の理由で、任意整理の際に140万円以上の過払い金が発生する場合も、司法書士に手続きを依頼することは不可能です。

依頼前から過払い金が多くなりそうだということがわかっている場合は、はじめから司法書士ではなく、弁護士に依頼するようにしましょう。

債務整理の交渉がもつれた場合

債務整理の手続きは、カード会社からの反対等もなくスムーズにできることもあれば、訴訟になり裁判で争う結果となることもあります。

裁判所と一言にいっても、簡易裁判所、地方裁判所、最高裁判所と段階がありますが、裁判で争うような債務整理になった場合、司法書士が介入できるのは、その資格の性質上、簡易裁判所で行われる裁判までです。

もし、簡易裁判所の裁判で相手方に控訴され、地方裁判所に移ることになれば、この裁判に司法書士が関与することはできず、あなたは新たに弁護士を探し、依頼する必要が出てきます。

個人再生・自己破産の場合、介入できる範囲が異なる

個人再生や自己破産の場合、弁護士と司法書士では、手続きへの関わり方が少し異なります。

弁護士はあなたの代理人として、裁判所での面談(審尋)を含めたすべてのプロセスで手続のサポートをすることが可能です。

しかし、司法書士の場合、依頼をしてもあくまで「書類作成代理人」という立場になり、裁判所での面談などに同席することはできません。

そのため、司法書士に依頼すると、弁護士に依頼するよりも自分で行う手続きのプロセスが増えるといえます。

手続きが不安な人は弁護士に依頼するのがおすすめ

以上のように、司法書士に債務整理を依頼する際にはさまざまな制限があります。

「債務整理の手続は、難しそうでよくわからない」という人や、「忙しいので、手続きをなるべく全て任せてしまいたい」という人は、全てをサポートしてくれる弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士はあなたの代理人ということになり、債務整理の申し立てから裁判官とのやり取り、複雑な手続きなどの多くを代行、あるいはサポートすることができます。

弁護士に依頼したほうがかかるコストが安く済むこともある

債務整理を依頼する際に司法書士を選択する人は、「弁護士に依頼するより、司法書士に依頼するほうが費用が安く済むから」という理由を抱えていることが多いです。

しかし、実際にかかる費用を総合的に鑑みると、一概にそうとはいえないこともあります。

たしかに、弁護士と司法書士とでは、依頼にかかる費用だけをみれば、司法書士の方が割安であることが多いです。

ただし、個人再生・自己破産など、裁判所を通じて行う債務整理を検討している場合は、裁判所に支払う費用にも目を向けましょう。

司法書士に依頼した場合、手続きのなかで関われない部分があるため、手続きのために裁判所へ支払う予納金が弁護士に依頼した場合より高くなることもあります。

つまり、司法書士に支払う費用と裁判所へ支払う費用を合計すると、弁護士を利用した場合と同等か、それより高額になってしまうケースもあるわけです。

まとめ

本棚とペン

債務整理は弁護士だけでなく一部の司法書士に依頼することもできる
・2003年の司法書士法改正に伴い、法務省の認定を受けた司法書士であれば債務整理の手続きに一部関われることになった

■司法書士には依頼できない債務整理もある
・1カード会社につき140万円以上の借金がある場合や、140万円以上の過払い金がある場合、任意整理を依頼することはできない
・債務整理手続き中の交渉が難航し、訴訟が地方裁判所まで進んだ場合、司法書士が介入することはできない

■個人再生・自己破産の場合、弁護士に頼んだほうが時間やコスト、手間が省ける可能性が高い

各種債務整理の概要とデメリット

法律事務所SAI(埼玉・大宮)の債務整理解決例

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分