債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

リボ払いは債務整理の対象にできる?デメリットは?

弁護士とパラリーガル

「リボ払いの借金は債務整理できるのかな?」

クレジットカードのリボ払いの魅力にはまってしまい、いつの間にか多額の借金を抱えてしまった...という人が近年急増しています。

何の予備知識もなくリボ払いを使い続けると、気づいたときには手数料分しか返済できていない、というような悲惨なケースも珍しくありません。

このような状況で、債務整理は可能なのでしょうか?

今回は、リボ払いは債務整理できるのか?ということについて、詳しく解説いたします。

リボ払いによる借金とは?

近年、クレジットカードのリボ払いの返済に困っている人が急増しています。

リボ払いとは、クレジットカードでどれだけショッピングをしても、月々の支払いが、一定の金額で済む返済方法です。なお、商品やサービスなどを購入する際のリボ払いは、ショッピング枠での利用となっています。

返済金額が一定なので、月々の返済はしやすいのですが、リボ払いの借金が多額になったケースでは、利息の支払いが大変になり、借り入れ金額の減るペースが遅くなります。

リボ払いの事例

もし、100万円の借金をリボ払いで返済していくと、カード会社によりますが、合計で利息分だけで30万円以上を支払わなくてはならない可能性があります。

月々の返済額が3万円だとすると、元金だけであれば33回で済む支払いが、11回分多い44回かかるので、1年ほど返済期間が延びてしまうことになります

このように、リボ払いで借金をする側は、なかなか残高が減らず、いつまでたっても完済できないという、ひどい状況を招くことがあります。

リボ払いの例

リボ払いと一般的なクレジットカード利用の違い

リボ払いと一般的なクレジットカード利用との違いについて、整理いたします。

リボ払いは月々の支払い額が変わらないのがメリット

リボ払いだと、基本的に借金の残高がどんなに増額したとしても、月々の支払い金額がほとんど変わらないので、計画的な返済ができやすい、というメリットがあります。

それに対して、一般的なクレジットカード利用での分割払いでは、借金の残高が増えるにつれて、その分月々の返済額も増額します。

リボ払いの支払い方式とは?

リボ払いの支払い方式は、

①残高スライド方式

②定額方式

③定率方式

...があります。

①の残高スライド方式とは、リボ払いの残高の金額によってランク付けされ、毎月の支払い金額が増減するというタイプです。

②の定額方式とは、借金の残高とは関係なく、毎月決まった金額の支払いをするものです。

③の定率方式とは、残高に一定の割合をかけた数字の返済をする、というものです。以上、リボ払いの返済では、これらの支払い方式が採用されていることが多いです。

リボ払いによる債務整理とは

ショッピング枠のリボ払いで発生した借金でも、債務整理することはできるのでしょうか?

結論から述べると、債務整理をすることで可能です。

ここでは、リボ払いと任意整理の関係について、詳しく解説します。

任意整理とは?

任意整理とは、カード会社と交渉して、利息や遅延損害金の支払いを免除してもらい、なおかつ、返済期間を長くすることができる(およそ5年計画)ことで、毎月の返済額を減額できる、というものです。

一般的な任意整理の事例

たとえば、3社のカード会社から総計400万の借金があり、また金利が高く(金利15%)、毎月の返済が困難な状況に陥っている、Aさんがいるとしましょう。

①借金内容

借金

400万円

金利

15%

支払い回数

36

将来金利含めた想定の返済総額

4,991,796

毎月の支払い

138,661

任意整理を行い、各カード会社との交渉が成立すると、下記のようにAさんの借金の状況が変わります。

②任意整理後の借金

借金の総額

400万円

金利

0%

交渉前との差分

991,796
交渉により免除となった部分(将来利息分)

任意整理後の

支払い回数

60

(およそ5年計画)

毎月の支払い

66,666

上記の例では、毎月の支払いが138,661円だったのが、任意整理後は、66,666円にまで減額することが出来るわけです。

なお、上記の事例とは異なりますが、2008年以前からカード会社に借金をしている人については、利息制限法の上限金利を上回る金利(1520%以上)で借金をしているケースがあります。

その場合は利息制限法の上限金利にもとづいた「引き直し計算」をすれば、借金が大きく減る可能性がありますし、過払い金が借金を上回っていると、手元に現金が戻ってくることもあります。これが、一般的に「過払い金」と呼ばれているものです。

リボ払いによる任意整理のメリット

リボ払いの借金を任意整理をすることで、得られるメリットは、

①クレジットカードの利息(手数料)分の返済が、免除されます。

②完済までの計画が立てられる

③電話や書類による催促が止む

...です。

利息(手数料)の返済が免除される

任意整理によりカード会社と和解が成立すると、リボ払いで発生していた利息分の支払いが免除されます。

カード会社から借金をすると、必ず利息が発生します。クレジットカードのキャッシングやショッピング枠の場合は、一般的に10%以上の高い利息の支払いとなります。

任意整理をすると、以後、利息分の支払いが不要となるので、返済が非常に楽になります。

任意整理の利息カット例

上記のケースでは、クレジットカードのリボ払いを利用して借金の総額が90万円、月々の返済は5万円だったとします。

任意整理で以後の利息分の支払いが免除となり、元金のみの返済となった結果、毎月の返済額を5万円から2万円程度までに減額となります。

完済までの無理のない計画が立てられる

2つ目のメリットが、支払い期間を延期することで、リボ払いの完済まで、無理のない返済計画を立てられる点です。

リボ払いの借金を任意整理すると、支払い期間を延期することが出来ます。

任意整理後の返済期間の計画は、およそ35年に設定することが多いのですが、それでも苦しい場合は、カード会社によりますが、最大7年程度までの延期することが可能な場合があります。

のみならず、上記の③のメリットでも挙げましたが、電話や書類による催促が止みます。

リボ払いによる任意整理のデメリットは?

ちなみに、リボ払いを任意整理することで、何かデメリットはあるのでしょうか?下記に整理いたします。

ブラックリストに載る

任意整理することで、その後57年は新規の借り入れができなくなります

信用情報機関に事故情報が登録されることになるので、ローンやクレジットカードの作成、キャッシングなどはできなくなります。

いわゆるブラックリストに載るわけですね。

もっとも、リボ払いの返済を滞納しても、ブラックリストに載ることになるので、任意整理をして早く完済した方が、結果的に良いという考え方もあります

リボ払いでは過払い金請求はできない

リボ払いの場合は、利息制限法の引き直し計算をして、過払い金請求をすることはできません。

過払い金請求をすることで、借金を減額できるケースは、利息制限法を超える利息を支払っていた場合に限られます。

ところが、リボ払いの場合では、利息制限法を超える利息となっていることは、一般的にありえません。

したがって、リボ払いの場合は引き直し計算をしても残高は変わらないので、今の借金がそのまま残るのです。

ショッピング枠では過払い金は発生しない

ちなみに、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠が設けられています。

このショッピング枠については、あくまで立替金扱いなので、利息制限法の対象外となります。通常、この立替金手数料の年率は低く、利息制限法を超えた利息での取引は行われていないのです。

したがって、ショッピング枠では過払い金が発生しません。

クレジットカードの取引をしている人の場合、キャッシングが過払いとなっていて、ショッピングの残金が残る、ということがあります。

この場合は、キャッシングの過払い金と、ショッピングの残金を差し引いて、借金が残るかどうかチェックします。

借金が残ったら、その残金を支払い(これは一般的な任意整理と同じ)、過払い金が多ければ、その分を過払い金請求をします。

まとめ

本棚とペン

近年、クレジットカードのリボ払いの便利さのために、正常な判断力を失い、思いがけないほど借金を増やしてしまう人が、急増しています。

上記でも解説した通りですが、リボ払いによる借金でも、債務整理は可能です。

もっとも早めの任意整理が出来なければ、借金がさらに増えて、自己破産するしかなくなる恐れもあります。

リボ払いにより、借金の返済が難しい状況になっている人は、一度弁護士に相談することを、強くお勧めいたします。

  • リボ払いの借金は任意整理することにより、債務整理することができる
  • 任意整理によりカード会社と和解が成立すると、リボ払いで発生していた利息分の支払いが免除される
  • 任意整理後の返済期間の計画は、およそ35年に設定することが多く、それでも苦しい場合は、最大7年程度までの延期することが可能
  • リボ払いの借金の債務整理の場合は、過払い金請求はできない

各種債務整理の概要とデメリット

法律事務所SAI(埼玉・大宮)の債務整理解決例

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分