埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【くすの木総合法務事務所(埼玉)まで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

バイクローンが残っている場合の債務整理について

司法書士とパラリーガル

「債務整理をしたらバイクローンの残ったバイクは没収される?」
「債務整理後もバイクに乗りたい場合は?」

バイクを購入する際は、バイクローンを利用する人も多いです。

バイクローンの多くは、バイクそのものを担保に設定し、お金を貸しています。

バイクローンの返済が残っている人が債務整理をする場合、そのバイクを手元に残すことはできるのでしょうか?

本ページでは、バイクを手元に残したまま債務整理をする方法と、債務整理後にバイクローンを契約する場合の注意点について詳しくご説明します。

バイクローンを債務整理したらバイクはどうなる?

バイクローンは、自動車ローン・住宅ローンなどと同じように抵当権が設定されており、お金を借りるためにバイクそのものが担保になっていることが多いです。

そのため、ローンを完済するまでは、バイクの名義がローン会社となっており、返済が難しくなるとローン会社によって引き上げられてしまいます。

バイクローンを債務整理の対象に含めると、残っているローン残高が圧縮・免除される代わりに、ローン会社によって抵当権が行使され、バイクを引き上げられてしまいます。

ローンの残ったバイクを手元に残したまま債務整理するためには?

「債務整理しないと借金の完済が厳しいけど、ローン返済中のバイクは手元に残したい!」という人の場合、任意整理を検討することをおすすめします。

任意整理とは、債務整理のなかでも最も自由が高く融通の効きやすい制度です。

代表的な債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産がありますが、個人再生・自己破産は最場所を通じた債務整理で、対象とするカード会社を自分で選ぶことができず、申立を行うとすべての借金が債務整理の対象となります。

一方で、任意整理は裁判所を通さず、弁護士とカード会社との直接交渉によって行われるため、対象とするカード会社を自分で選ぶことが可能です。

バイクローンを対象から外し、それ以外の借金だけを任意整理すれば、バイクを手放す必要もなくなります。

ただし、任意整理は個人再生・自己破産などその他債務整理と比較すると借金の減額幅が小さいというデメリットがあります。

<債務整理の減額幅>

  • 任意整理……借金の利息のみ免除
  • 個人再生……借金の利息免除と元本圧縮
  • 自己破産……借金の利息・元本ともに免除

任意整理で免除されるのはあくまで利息のみなので、元本はすべて自力で返済する必要があります。借金の元本を35年間で完済するのが一般的です。

借金の総額が大きすぎたり、収入が少なすぎたりして、「利息を免除したくらいでは完済できない」という場合は、任意整理で借金を解決することは難しいので、別の債務整理を検討することになります。

その場合、ローンの残ったバイクを手元に残して債務整理をすることは難しいといえます。

債務整理後にバイクローンを組むことは可能?

なお、債務整理後は一定期間バイクローンの新規契約ができなくなりますので、ご注意ください。

これは、債務整理によって個人信用情報がブラックリスト入りしてしまうからです。

ブラックリストにはいっている期間は、バイクローンだけでなく、自動車ローン・住宅ローンの新規契約もできませんし、クレジットカードの使用・作成もできません。

個人信用情報とは、個人信用情報機関が保持する各個人のクレジットカード作成・利用情報や、ローンの契約情報をまとめたものです。

クレジットカードを作成・更新するときや、ローンを新規契約するときの審査に使用されます。任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理をすると、個人信用情報に「事故情報」という記録が残ります。

この記録がある限り、クレジットカード作成・更新やローン新規契約の審査で弾かれてしまい、あらたに契約することはできません。

個人信用情報に事故情報が記載されている状態のことを、一般的に「ブラックリスト入り」と表現します。

債務整理によって1度ブラックリスト入りしても、510年ほど経過すれば事故情報が抹消されるため、ブラックリストから外れます。

ブラックリストから外れれば、再びローンの契約やクレジットカードの使用・作成が可能になります。債務整理後にバイクローンを契約する際は、ブラックリストから外れていることを確認してからにしましょう。

まとめ

本棚とペン

■バイクローンを債務整理の対象に含めるとバイクを没収されてしまう
・バイクがバイクローンの担保に設定されているから

■ローンの残ったバイクを手元に残したいなら任意整理がおすすめ
・任意整理はバイクローンを対象から外して債務整理できる
・ただし、任意整理では借金の利息が免除されるだけなので、減額幅は小さい

■債務整理後はブラックリスト入りしてしまうのでバイクローンが組めない
・5〜10年経過しブラックリストからはずれれば、バイクローンを契約できる

各種債務整理の概要とデメリット

執筆・監修

藤田司法書士

藤田 太

保有資格

  • 日本司法書士会連合会所属
  • 埼玉司法書士会所属 登録番号 第1124号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定 第601564号
  • 日本行政書士会連合会所属
  • 埼玉県行政書士会所属 登録番号 第07131937号

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

くすの木総合法務事務所(埼玉)
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

くすの木総合法務事務所(埼玉)

【埼玉】債務整理相談センタースタッフ
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号