債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

債務整理すると生活に変化が生じるポイント

弁護士とパラリーガル

「債務整理をしたらその後の生活は大きく変わるの?」
「債務整理後に注意すべきことは?」

債務整理とは、借金の負担を軽減するための法的な制度です。債務整理がうまくいけば、借金が減額されたり、全額免除されたりします。

債務整理後の生活の変化を懸念する人も多いですが、実際、債務整理後に起きる生活の変化はそう多くありません。

本ページでは、債務整理後に起きる生活の変化についてご紹介します。

そもそも債務整理とは?

債務整理とは、借金の負担を軽減するための法的な制度です。債務整理には以下のような種類があります。

<主な債務整理の種類>

  • 任意整理……弁護士とカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)の直接交渉で借金の利息免除が受けられる
  • 個人再生……裁判所を通じて借金の利息免除、元本の圧縮が受けられる
  • 自己破産……裁判所を通じて借金の利息・元本が免除される代わりに財産没収などを受ける など

債務整理後の生活で起きること

「自己破産をしたら人生終わりだ……」と勘違いしている人がいるように、債務整理をすると、その後の生活に長期に渡って多大な変化が起きると考えている人も多くいます。

しかし、実際には債務整理後に起きる生活の変化はそう多くありません。以下では、債務整理後に起きる代表的な変化についてご説明します。

ブラックリスト入りによる制約

債務整理後の大きな変化の1つに、「ブラックリスト入り」があります。

ブラックリスト入りとは、クレジットカードを利用したり、ローンを組んだりする際に行われる審査で判断材料に使用される個人信用情報に傷がつくことです。

個人信用情報は信用情報機関によって保持されており、審査の際にカード会社はそれを開示し、みることができます。債務整理を行うと、あなたの個人信用情報に「事故情報」という記録が残り、この事故情報が残っている間は「ブラックリスト入り」として、さまざまなことが制限されます。

<ブラックリスト入りするとできなくなること>

  • クレジットカードの使用・新規作成
  • ローンの新規契約
  • 携帯電話本体料金などの分割支払い
  • 家族・友人の借金の保証人になること など

そのため、債務整理後の生活では、ブラックリストから外れるまでローンや分割支払ができず、全ての買い物を現金やデビットカードなど、一括支払いで行わなければなりません。

ブラックリスト入りする期間は510

債務整理でブラックリスト入りする期間は、債務整理の種類によっても異なります。

具体的には、任意整理ではおよそ5年、個人再生や自己破産ではおよそ10年ほどで事故情報が抹消され、ブラックリストから外れます。

ブラックリストから外れたかどうかは、信用情報機関に問い合わせることで調べられます。「そろそろブラックリストから外れるはずなので、クレジットカードを作りたい」「ローンを組みたい」と思ったら、まずは信用情報機関に情報開示を求めましょう。

債務整理を行ったカード会社から二度と借金できない

ブラックリストから外れれば、多くのカード会社で再びクレジットカードの使用・作成やローンの新規契約ができるようになります。

しかし、一度債務整理を行ったカード会社からは、ブラックリストから外れていたとしても再び借金することはできません。

これは、カード会社の審査基準に信用情報機関の持つ個人信用情報だけでなく、「社内ブラック」があるからです。社内ブラックとは、過去にその会社を利用した人の延滞情報・債務整理をした履歴などをもとに作成された、会社独自のブラックリストです。

社内ブラックは、個人信用情報の事故情報のように一時的な記録ではなく、基本的には永久に外れることがありません。

そのため、ブラックリストから外れたあと、再度クレジットカードの作成やローンの契約をするときは、債務整理をしたことがないカード会社を選ぶようにしましょう。

債務整理をしたことが家族・職場にバレる可能性

債務整理後、債務整理したことを、家族や職場に知られたくないと考える人も多いでしょう。

一般的に、あなたが債務整理をしたことが家族や職場にバレる可能性は極めて低いです。

しかし、以下のような場合、稀に周囲の人に知られてしまうことがあるため、注意しておきましょう。

個人再生・自己破産では個人情報が「官報」に掲載される

個人再生・自己破産は裁判所を通じた債務整理であるため、手続きを行うと「官報」という文書にあなたの個人情報が掲載されます。

官報とは行政が発行する文書で、土日祝日を除いて毎日発行されています。

一般人で官報を読んでいるという人は少ないため、実際のところ、官報に掲載されたことであなたの債務整理が家族や職場に知られてしまう確率は低いです。

しかし、闇金業者はこの官報に掲載された情報をもとに新たな借金の勧誘を行うこともあるため、注意しましょう。

自己破産をした場合さまざまな制約がありバレやすい

自己破産は、その他の債務整理と比較すると、家族や職場にバレやすい債務整理です。なぜなら、借金が帳消しになる代わりに、他の債務整理にはない、生活へのさまざまな変化があるからです。

<自己破産による生活の変化>

  • 時価20万円以上の財産の没収
  • 弁護士・警備員など特定の職業への一定期間の制限
  • 海外旅行や引っ越しに裁判所の許可が必要となる(手続き期間中) など

該当する状況になければ自己破産が周囲にバレることはありませんが、財産をたくさん持っている人、弁護士などの士業、警備員などの職業についている人は注意しましょう。

債務整理後にかかる費用

また、債務整理後も以下のような支払いが必要になります。

トラブルを避けるためにも、「債務整理をしたら終わり」ではなく、手続き後の支払いをきちんと行うようにしましょう。

残った借金の返済

自己破産以外の債務整理では、債務整理後も残った借金の返済が必要です。

返済を滞らせたり、遅れたりすると、トラブルに発展することもありますので、期日を守り、計画的に返済するようにしましょう。

弁護士事務所への費用

債務整理で弁護士を利用する場合、その依頼料を支払います。

債務整理を希望する人はお金に困っている人なので、弁護士事務所もそれを配慮し、後払いや分割払いなどの対応をしてくれる場合がほとんどです。

債務整理を行う際は、債務整理後に払っていく費用のことを加味して相談するようにしましょう。

まとめ

本棚とペン

債務整理による生活の変化はほとんどない

ブラックリスト入りによる制約に注意
・クレジットカードの使用・作成、ローンの契約ができない
・携帯電話本体料金の分割支払、借金の保証人になることができない
・ブラックリスト入りする期間は5〜10年

ブラックリストに関係なく、一度債務整理したカード会社からの借金はできない

確率は低いが、債務整理したことが周囲の人にバレる可能性がある
・個人再生や自己破産は官報に掲載されることからバレる可能性
・自己破産は財産の没収や職業制限からバレる可能性がある

債務整理後にかかる費用
・自己破産以外は残った借金の返済が必要
・弁護士事務所への費用も支払う

各種債務整理の概要とデメリット

法律事務所SAI(埼玉・大宮)の債務整理解決例

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分