債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

債務整理で遅延損害金(延滞利息)は免除されるのか?

弁護士とパラリーガル

「債務整理で遅延損害金は免除されるのか?」
「債務整理で延滞利息は免除されるのか?」

クレジットカードやキャッシング、ローンといった借金の返済を延滞すると、遅延損害金(延滞利息)と呼ばれる罰金が発生します。遅延損害金(延滞利息)は返済予定日から日割りで計算されるため、「大した金額じゃないでしょ」と思われる人も多いかもしれません。

しかし、遅延損害金(延滞利息)は当月の返済額ではなく、借金の借入残高に対して発生します。しかも、年利20%という高い利率のため、借入残高が多い場合には借金がどんどん膨らんでしまうのです。そして、遅延損害金(延滞利息)が原因で借金が返済できなくなってしまった人は、債務整理で遅延損害金(延滞利息)を免除してもらう必要があるでしょう。

今回は、債務整理で遅延損害金(延滞利息)がどのような扱いになるのか説明しますので、借金がなかなか返済できない人は必見です。

遅延損害金(延滞利息)とはどういうものなのか

まず、遅延損害金(延滞利息)の概要と利息について説明します。

遅延損害金(延滞利息) とは

遅延損害金(延滞利息)とは、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの借金返済が滞ったときに請求される損害賠償金です。借金の返済日を過ぎると、まずカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から電話などで連絡があり、延滞期間に応じた遅延損害金(延滞利息)を支払う必要があります。

遅延損害金(延滞利息)の利息には要注意

借金の利息は法律によって上限が20%/と規定されており、ほとんどのカード会社の遅延損害金(延滞利息)20%に設定されています。また、実際に支払う場合は日割り計算になるため、

遅延損害金(延滞利息)=返済額(借入残高)×遅延損害金利率:20%÷365(日)×延滞日数

という計算式で算出することが可能です。

ここで注意しなくてはいけないのが、「返済額」がいくらかという部分なのですが、こちらは「当月分の返済額」ではなく「借入残高」になっています。

たとえば、

・借入残高:100万円

・今月の返済額:2万円

・遅延期間:5

という人の場合には、2万円に対してではなく100万円に対して5日分の遅延損害金(延滞利息)が発生することになるのです。

つまり、

100万円×20%÷365日×5日≒2,740円

となり、たった5日間で3,000円近い遅延損害金(延滞利息)が発生してしまいます。

したがって、借入残高が多い場合や延滞期間が長い場合には、遅延損害金(延滞利息)が非常に高額になってしまう可能性もあるでしょう。そのため、借金の返済が遅れた場合には、一日も早く返済することが大切です。

債務整理で遅延損害金(延滞利息)は免除になるか?

借金問題を法的に解決するための手段である「債務整理」を行うことで、遅延損害金(延滞利息)が免除されるのか説明します。

債務整理で遅延損害金(延滞利息)が免除に

遅延損害金(延滞利息)は日が経つごとにどんどん増えていきますので、支払えない場合には借金がどんどん膨れ上がっていきます。

また、何日か経って返済した場合でも、支払ったのは利息と遅延損害金(延滞利息)だけで元本がまったく減らないという状況もあり得るでしょう。このような状態になると、借金の返済が非常に困難になってきます。しかし、借金を債務整理すれば遅延損害金(延滞利息)が免除されますので、返済の負担が軽くなるのです。

以下で、代表的な債務整理である「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」で手続きを行った場合について、それぞれ説明します。

任意整理した場合

任意整理とは、カード会社に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息や遅延損害金(延滞利息)を免除し、3年~5年の分割払いにしてもらえるよう和解する債務整理になります。借金返済の負担を軽減できる点が、任意整理のメリットです。

たとえば、100万円の借金を1か月滞納した場合の遅延損害金(延滞利息)は、

100万円×20%÷365日×30日≒16,667円

となります。

さらに、カード会社から実質年利18%で借入している場合、3年間で返済しようとすると、利息が合計で301,486円も発生してしまうのです。

そこで、これを任意整理して3年間(36回)で完済しようとした場合、

・毎月の返済額:約27,778円 

・返済総額 :100万円

・遅延損害金(延滞利息)0

・利息:0

となり、トータルで318,153円も支払いが減ることになります。

さらに、カード会社との交渉によって5年返済(60)で合意できた場合には、

・毎月の返済額:約16,667 

・返済総額 :100万円

・遅延損害金(延滞利息)0

・利息:0

となり、遅延損害金(延滞利息)と利息が免除されたうえに、毎月の返済負担を1万円ほど下げることも可能です。

個人再生した場合

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/51/10程度まで減額し、残りを原則3年間(最大5年間)で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。なお、任意整理と同様、将来的に発生する利息と遅延損害金(延滞利息)を免除してもらえます。

個人再生すると借金を大幅に減額してもらえますが、最低限支払うべき金額である「最低弁済額」が以下のように決められています。

100万円~499万円⇒100万円

500万円~1,499万円借金額の1/5

1,500万円~2,999万円⇒300万円

3,000万円~4,999万円借金額の1/10

(上記は住宅ローンを除いた金額)

たとえば、300万円の借金を1か月滞納した場合の遅延損害金(延滞利息)は、

300万円×20%÷365日×30日≒50,000円

となります。

さらに、カード会社から実質年利18%で借入している場合、3年間で返済しようとすると利息は合計で904,459円になります。

しかし、これを個人再生して3年間(36回)で完済しようとした場合、

・最低弁済額:100万円

・毎月の返済額:約27,778 

・遅延損害金(延滞利息)0

・利息:0

となり、大幅に借金返済の負担が減ることになるのです。

ただし、最低弁済額はあくまでも個人再生において最大の借金減額率ですので、あなたの収入や財産が多い場合には減額率が減る可能性もあります。

自己破産した場合

自己破産とは、「破産」と「免責」という2つの手続きを同時に行う債務整理です。破産とは手持ちの財産を処分してカード会社に分配する手続きで、免責は裁判所に支払い不能と認められることで借金を免除してもらえる手続きになります。

つまり、自己破産は、「財産を失う代わりに借金をゼロにしてもらえる手続き」といえるでしょう。したがって、言うまでもなく将来的に発生する利息と遅延損害金(延滞利息)も免除されます。

まとめ

本棚とペン
  • 遅延損害金(延滞利息)とは、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの借金返済が滞ったときに請求される損害賠償金
  • ほとんどのカード会社の遅延損害金(延滞利息)の上限は20%に設定されている
  • 遅延損害金(延滞利息)を算出するための計算は次の通り
  • └返済額(借入残高遅延損害金利率:20%÷365(延滞日数
  • 遅延損害金(延滞利息)は、当月の支払額ではなく借入残高に対して発生するため注意が必要
  • 借金を債務整理(「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」)すると、遅延損害金(延滞利息)は免除になる

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分