埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【くすの木総合法務事務所(埼玉)まで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

連帯保証人付きの借金があると債務整理できない?

司法書士とパラリーガル

「債務整理をすると連帯保証人にも迷惑がかかる?」
「連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理を刷ることは可能?」

債務整理を検討するとき、連帯保証人のいる借金があるかどうかはとても重要です。

連帯保証人のいる借金を抱えている人が債務整理をすると、連帯保証人に多大な迷惑をかける可能性もあります。

本ページでは、債務整理をした場合の連帯保証人にかかる迷惑や、なるべく連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理を行なうための手段についてご説明します。

連帯保証人付きの借金を債務整理すると連帯保証人に大きな迷惑がかかる

借金のなかには、連帯保証人を立てなければ借り入れることができないものもあります。

連帯保証人とは、お金を借りた当人が返済できなくなったときに、代わりに返済する義務を負う人のことです。

連帯保証人付きの借金を債務整理の対象に含めると、その借金は減額・免除されることなく、そのまま連帯保証人に全額請求されます。

元来、債務整理をすると、任意整理なら利息の免除、個人再生なら利息の免除と元本の圧縮、自己破産なら利息・元本の免除といった借金の減額措置が取られますが、連帯保証人付きの借金の場合はこれが適用されません。

そのため、あなたが債務整理をすることで、連帯保証人に多額の請求が行き、大きな迷惑がかかることになります。

連帯保証人付きの借金がある場合どのように債務整理すればよい?

連帯保証人のいる借金を抱えていても、返済しきれない状況である限り、何らかの債務整理を検討することが必要でしょう。

連帯保証人のいる借金を抱えていても、なるべく迷惑をかけずに債務整理をする方法はあるのでしょうか。

「あと少し減額されればなんとかなりそう」という人であれば、以下のような理由で、任意整理がおすすめです。

任意整理なら連帯保証人付きの借金を除外して債務整理が可能

連帯保証人付きの借金を抱えている場合、まずは任意整理を検討しましょう。

任意整理とは、借金の利息免除と支払い期間の延長を交渉できる債務整理です。

任意整理は裁判所を介さずに、弁護士とカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)との直接交渉で手続きをすすめることができるため、すべての借金を対象にする必要がありません。

そのため、連帯保証人のいる借金や、債務整理の対象に含めるとローン会社に自動車を引き上げられてしまう自動車ローンなど、債務整理の対象に含めると不都合が生じるような借金を除外して、債務整理を行なうことができます。

連帯保証人のいる借金は任意整理の対象に含めずそのまま返済を続け、連帯保証人のいない借金だけを任意整理すれば、多少なりとも借金の負担が軽減するので、無理なく返済できるかもしれません。

ただし、任意整理で減額できるのはあくまで借金の利息のみです。

借金総額が大きすぎて、元本の返済も危うい人や、収入がなくてそもそもの返済が難しい人の場合、任意整理で借金を解決することはできません。

個人再生や自己破産など、その他の債務整理を検討せざるを得ないでしょう。

個人再生・自己破産の場合は手続き前に連帯保証人に説明をすること

個人再生や自己破産は、任意整理のように債務整理の対象となる借金を選択することはできません。

そのため、連帯保証人のいる借金を抱えている人がこれらの手続きを行うと、連帯保証人にその借金の返済請求が減額・免除されることなく行ってしまいます。

連帯保証人のいる借金の総額によっては、あなたが個人再生・自己破産をすることによって、連帯保証人に多額の請求が行ってしまうことも考えられます。

それが支払えないとなれば、連帯保証人も債務整理を検討せざるを得ない状況もになることもあります。

そのため、連帯保証人のいる借金を抱えている人が、個人再生・自己破産をする場合には、連帯保証人への礼儀や今後の人間関係の存続のためにも、手続きを開始する前にかならず連帯保証人に事前説明を行うようにしましょう。

まとめ

本棚とペン

連帯保証人付きの借金を債務整理するとその借金の請求が全額連帯保証人に行く
・連帯保証人のいる借金は債務整理をしても減額・免除されない

■任意整理なら連帯保証人のいる借金を除外して債務整理できる
・連帯保証人のいない借金だけを任意整理して、連帯保証人付きの借金はそのまま返済し続ければ、連帯保証人に迷惑がかからない

■個人再生・自己破産の場合は連帯保証人への請求は不可避
・手続き開始前に連帯保証人に説明すること
・場合によっては、連帯保証人も債務整理が必要になる可能性がある

執筆・監修

藤田司法書士

藤田 太

保有資格

  • 日本司法書士会連合会所属
  • 埼玉司法書士会所属 登録番号 第1124号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定 第601564号
  • 日本行政書士会連合会所属
  • 埼玉県行政書士会所属 登録番号 第07131937号

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

くすの木総合法務事務所(埼玉)
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

くすの木総合法務事務所(埼玉)

【埼玉】債務整理相談センタースタッフ
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号