債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

債務整理のデメリットは?

弁護士とパラリーガル

「債務整理にはどんなデメリットがあるの?」
「債務整理するとクレジットカードは利用できなくなる?!」

借金問題を法的に解決することで、新たな人生を歩むきっかけを作る手段である債務整理。

債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」といった手続きがあり、それぞれデメリットも異なるため、自分に合った手続きを選ぶことが大切です。

そこで今回は、任意整理、個人再生、自己破産における、それぞれのデメリットを紹介したいと思います。

また、それぞれの手続きに向いている人が、どんな人なのかについても説明しますので、あなたに合った手続きがどれなのか検討する材料にしてみてください。

債務整理のデメリット①
クレジットカードやローンが使えなくなる

債務整理のデメリットの1つ目として、クレジットカードの新規発行や利用ができません。

また、自動車ローンや住宅ローンといったローンも組めなくなります。

債務整理するとブラックリストに載る

債務整理をすると、信用情報に「借金を支払えず債務整理した人」という事実が事故情報として登録されます。

そのため、一定期間カード会社から新たな借り入れができなくなり、以下に記すサービスなどが利用できなくなるのです。

  • カードローン
  • クレジットカード(新規発行も不可)
  • 自動車ローン、住宅ローンなどの各種ローン
  • キャッシング

信用情報は、「CIC」、「JICC」といった信用情報機関という団体が収集、管理しており、その会員であるカード会社が顧客と取引する際、信用を判断するために閲覧できるようになっています。

ちなみに、信用情報に事故情報が登録される状態が、俗にいう「ブラックリストに載る」という状態です。

債務整理ごとに異なるブラックリストへの掲載期間

信用情報に事故情報が掲載される期間は、債務整理ごとに異なります。

  • 任意整理:5年程度の期間
  • 個人再生:5年~10年程度の期間
  • 自己破産:5年~10年程度の期間

たとえば、個人再生すると、5年~10年程度の期間は、キャッシングやクレジットカードの利用ができなくなります。

また、ローンも組めなくなるため、住宅ローンや自動車ローンが組めず、家や車をローンで購入することができなくなってしまうのです。

また、上記期間中は、ローンや奨学金などの保証人にもなれません。たとえば、任意整理すると、5年程度の期間は、子どもが進学するための奨学金の保証人にもなれなくなるというわけです。

ただし、上記期間が過ぎれば、信用情報から事故情報が抹消されますので、再びクレジットカードや住宅ローンなどが利用できるようになりますし、保証人になることもできます。

なお、自分の信用情報は信用情報機関に問い合わせることで確認することができますので、新たにクレジットカードを発行したり、ローンを組んだりする場合には、あらかじめ事故情報が消えていることを確認しておくとよいでしょう。

本章をまとめると、

債務整理すると「ブラックリストに載る」状態となるため、5年~10年程度の期間は、クレジットカードの利用や、住宅ローン、自動車ローンなどの利用ができなくなる

ということです。

債務整理のデメリット②
住宅や車などの財産を失う可能性がある

債務整理のデメリットの2つ目として、マイホームや車を失うことがあります。

家族に多大な迷惑をかける可能性もあるため、しっかりと確認しておきましょう。

個人再生と自己破産においては車を残すことは困難

どの手続きを選ぶかによって、債務整理した後の車の処遇も変わってきます。

まず、任意整理においては、基本的にどんな車でも手元に残すことが可能です。

任意整理では、債務整理する借金の対象を自由に選べるため、自動車ローンが残っている車を対象から除外することもできます。

したがって、従前どおり自動車ローンを支払い続けることができれば、車を手元に残しながら債務整理することが可能なのです。

また、後述する個人再生や自己破産のように財産が没収されることもないため、ローンの支払いが終わっている車であれば手元に残すことができます。

いっぽう、個人再生と自己破産においては、債務整理する借金の対象を選択できないため、自動車ローンだけを整理対象から外すことは不可能です。

そのため、自動車ローンが残った車は処分されますので、手元に残すことができません。

また、自動車ローンの支払いが終わっていても、市場価値が20万円以上の車は没収対象となるため、手元に残すことは不可能です。

自己破産するとマイホームを失う

任意整理では、前述した車のケースと同じ理由で、自宅を手放すことなく債務整理することが可能です。

また、個人再生には、「住宅ローン特則」という、住宅ローンが残った自宅を手元に残しつつ、借金を減額してもらえるという制度があります。

したがって、個人再生しても、自宅を残すことが可能です。いっぽう、自己破産においては、残念ながら自宅は没収されてしまうため手元に残すことはできません。

本章をまとめると、

  • 任意整理では車も自宅も手元に残すことができる
  • 個人再生、自己破産の場合には、自動車ローンの支払いが残っている車と、市場価値が20万円以上の車は手元に残すことができない
  • 個人再生する際、「住宅ローン特則」を利用すれば住宅ローンが残った自宅を手元に残せる
  • 自己破産すると自宅を失う

ということになります。

債務整理のデメリット③
連帯保証人に影響を及ぼす可能性がある

債務整理のデメリットの3つ目として、保証人付きの借金を債務整理の対象にすると、ローンを組んだカード会社は連帯保証人に借金の一括請求を求めるため、多大な迷惑をかけることが挙げられます。

そのため、借金の整理対象を選べる任意整理では問題ありませんが、個人再生と自己破産の場合には、全ての借金が整理対象になるため、保証人付きの借金があるとカード会社から連帯保証人に借金返済の督促がいくことになるのです。

そうなると、連帯保証人には借金を一括返済する義務が発生するため、連帯保証人になってくれた家族や親戚などに多大な迷惑をかけることになるでしょう。

実際に連帯保証人を設定することが多いのは、奨学金などです。

そのため、奨学金を債務整理の対象にした場合には、連帯保証人が全額肩代わりして一括返済する必要があります。

ちなみに、住宅ローンやキャッシング、カードローン、クレジットカードの場合には、連帯保証人を立てるケースはそれほどないでしょう。 

したがって、借金の整理対象を選べる任意整理の場合には、保証人付きの借金だけを整理対象から除外できますので、連帯保証人に迷惑をかけず債務整理することが可能です。

しかし、全ての借金が整理対象になる個人再生と自己破産の場合には、連帯保証人に大きな影響を及ぼすことになります。

本章をまとめると、

  • 保証人付きの借金がある人が任意整理しても、整理対象から除外できるため問題ない
  • 個人再生と自己破産の場合には、保証人付きの借金があると連帯保証人に多大な迷惑をかける

ということです。

債務整理のデメリット④
家族や知人などにバレる可能性がある

債務整理のデメリットの4つ目として、家族や知人にバレる可能性があるという点があります。

任意整理は家族にバレずらい

3つの債務整理の中で、もっとも家族や知人などにバレずらい債務整理が任意整理でしょう。

なぜなら、任意整理は裁判所を介さない手続きであり、実際には手続きを依頼した弁護士や司法書士がカード会社とやり取りするだけですので、あなたの生活にほぼ影響を与えることなく債務整理することが可能だからです。

いっぽう、裁判所を介する手続きである個人再生や自己破産の場合には、厳格なルールにしたがって行う必要があり、提出書類が多くなるため、書類を準備する上でどうしても家族にバレやすくなります。

しかし、任意整理では提出書類が少ないため、家族に内緒で準備できる可能性が高く、そのような心配はありません。

また、裁判所を介する手続きの場合、「官報」と呼ばれる政府が発行する新聞のようなものに、あなたの名前や住所、任意整理の事実などが記載されることになるのですが、任意整理は裁判所を介さない手続きであるため、その心配もないというわけです。

したがって、「家族や知人には絶対にバレたくない」という人は、任意整理を検討するべきでしょう。

個人再生や自己破産は家族にバレやすい

個人再生や自己破産は、家族に内緒で手続きするのが困難な債務整理といえるでしょう。

まず、個人再生では、裁判所に家計の収支状況や収入証明書などを提出する必要があるため、同居した家族がいる場合、内緒で手続きを行うのは非常に困難といえます。

さらに、同居した家族に収入がある場合には、そちらの収入証明書も必要となりますので、さらにハードルが上がることになります。

また、個人再生では、20万円以上の財産があった場合、裁判所に没収されてしまうため、車などがいきなりなくなるケースもあり、家族に内緒にしておくのは困難です。

ただし、同居した家族がいない人であれば、家族や知人にバレずに行える可能性もあるでしょう。

いっぽう、自己破産の場合には、自宅や車といった全ての財産を失うことになるため同居した家族にバレずに手続きを進めるのは極めて困難です。

したがって、同居した家族がいる人が、個人再生や自己破産をする場合には、手続きをする前にきちんと家族に話しをしておくことが賢明といえます。

個人再生や自己破産すると官報に掲載されるが影響は小さい

個人再生や自己破産は、裁判所を介する手続きです。

そのため、手続きを行うと、あなたの名前や住所、債務整理した事実などが記録されることになります。

しかし、官報は一般の人が目にする機会はほとんどありませんので、家族や知人に見られる可能性は非常に低いでしょう。

本章をまとめると

  • 任意整理は家族や知人などにバレづらい手続き
  • 個人再生と自己破産は同居した家族にバレずに手続きをするのが困難

ということになります。

自分に合った債務整理を見極める基準

最後に、あなたがどの債務整理を選択するべきなのか、メリットとデメリットの両面から見ていくことにしましょう。

任意整理がおすすめな人

任意整理とは、カード会社と交渉することで、将来的に発生する利息のカットと、現実的に返済可能な分割払いに調整してもらう手続きのことです。

任意整理の主なメリットは以下となります。

  • 裁判所を介さない手続きであるため家族や知人にバレづらい
  • 手続きが簡単であなたの負担が小さく、期間も短い
  • 将来的に発生する利息や遅延損害金の支払いをカット
  • 分割払いの回数を増やすことで毎月の負担を減少
  • 借金の整理対象を自由に選べる

まず、任意整理は裁判所を介さない手続きであるため、弁護士や司法書士に手続きを依頼すれば、あなたの負担はほとんどありません。

また、準備する書類も少ないため、同居した家族にバレづらく、手続きも早く終わるのが一般的です。任意整理すると将来的に発生する利息と損害遅延金が免除されます。

よって、これ以上借金が膨らむことはなくなりますが、借金の元本自体は減りません。

任意整理では、3~5年程度で借金を返済するという形で交渉が落ち着くことが一般的です。

このように任意整理は、他の債務整理と比べ借金の減額率は少ないのですが、普段の生活にほとんど影響を与えることなく借金の返済が可能な手続きといえるでしょう。

また、過払い金が発生していた場合、カード会社への請求が可能となり、借金と相殺することができます。

よって、長期間にわたってカード会社と取引をしている人は、過払い金が発生している可能性が高いため、まずは任意整理を検討してみるのがおすすめです。

さらに、債務整理の対象を自由に選択できることから、自宅や車を残したい人や、保証人付きの借金があるという人にも任意整理は最適なのです。

いっぽう、任意整理の主なデメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 5年程度の期間、カード会社から新規の借り入れやクレジットカードの利用ができない
  • 借金の元本は減らない
  • カード会社と交渉決裂するケースがある

したがって、任意整理がおすすめなのは、

  • 自力でなんとか借金を返済したい人
  • 住宅や車を手元に残しながら借金を返済したい人
  • 特定の借金や保証人付きの借金を債務整理の対象から除外したい人
  • 長期にわたってカード会社と取引している人

といえるでしょう。

個人再生がおすすめな人

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を最大90%減額してもらえ、残りを原則3年で返済すれば完済扱いにしてもらえるという手続きです。

しかし、裁判所を介する手続きであるため、利用するための条件が明確にある点が特徴といえるでしょう。

個人再生の主なメリットは以下となります。

  • 借金額を大幅に減額できる(75~90%程度減額)
  • 住宅ローン特則を利用すればマイホームを手元に残しつつ、借金を減額してもらえる
  • 自己破産のように借金の原因を問われない
  • 自己破産のような職業や資格、住居の制限がない

個人再生のメリットは、やはり借金を大幅に減額してもらえる点でしょう。

減額された借金を原則3年間(最大5年間)で返済できれば、裁判所に完済扱いにしてもらえます。

しかし、返済できなくなった場合には、裁判所によって個人再生が廃止されますので注意が必要です。

さらに、住宅ローン特則を利用すれば、住宅ローンが残ったマイホームを手元に残しながら、借金を減額してもらうこともできます。

このように、個人再生では減額してもらった借金を長期間にわたって返済していく必要があるため、定期的な安定収入が利用条件となっているのです。

つぎに、自己破産のような「免責不許可事由(裁判所に免責((借金がチャラになること))が認められない借金の原因)」もありませんので、借金の原因は不問となっています。

そのため、税金や罰金といった特殊なものを除き、ほぼ全ての借金が適応可能です。

また、自己破産すると、免責が確定するまでの期間、一部の資格が制限されたり、自由に引越しができなかったりする制限が課せられますが、個人再生にはこうした制限はありません。

いっぽう、個人再生の主なデメリットは以下となります。

  • 利用するために必要な条件がある
  • 減額された借金を原則3年間で完済できない場合には借金が免除されない
  • 借金の整理対象が選択不可
  • 5年~10年程度の期間、カード会社から借り入れやクレジットカードの利用ができない
  • ・官報に掲載される
  • ・同居した家族に秘密にしておくのが困難

したがって、個人再生がおすすめなのは、

  • 任意整理での借金完済は難しいが、自己破産するほどではない人
  • 住宅ローンが残った自宅を手元に残しながら借金を減らしたい人
  • 保証人付きの借金がない人
  • 定期的な安定収入が得られる見込みのある人
  • 自己破産できなかった(したくない)人

となります。

こんな人には自己破産がおすすめ

自己破産は、裁判所に申し立てすることで借金を免責してもらえますが、その反面で多くのデメリットもある手続きです。

自己破産の主なメリットは以下となります。

  • 裁判所に免責認可されれば借金がゼロになる
  • 原則として誰でも利用できる
  • 一定の財産を手元に残せる

自己破産は債務整理の中でも最終手段といえる手続きです。

そのため、他の債務整理でも解決不可能な借金を抱えた人や、支払い能力がない人が利用する手続きといえるでしょう。

また、自己破産すると、マイホームや車といった財産が裁判所に没収されます。

ただし、生活するのに必要最低限な現金や家財道具に関しては、手元に残すことが可能です。

いっぽう、自己破産のデメリットは次の通りです。

  • 免責不許可事由があるため免責されないケースがある
  • 借金の整理対象は選択不可
  • 5年~10年程度の期間、カード会社から借り入れやクレジットカードの利用ができない
  • 官報に掲載される
  • マイホームや車といった20万円以上の財産を失う
  • 職業、資格、住居、通信の制限がある
  • 家族に秘密にしておくのは困難

したがって、自己破産をおすすめしたいのは、

  • 他の債務整理では借金の返済が不可能な人
  • 病気やリストラといったやむを得ない理由で借金返済ができない人
  • 自宅や車といった主だった財産を持っていない人
  • 保証人付きの借金がない人

といえるでしょう。

まとめ

本棚とペン
  • 債務整理すると「ブラックリストに載る」状態となるため、5年~10年程度の期間は、クレジットカードの利用や、住宅ローン、自動車ローンなどの利用ができなくなるデメリットがある
  • 個人再生・自己破産の場合には、自動車ローンの支払いが残っている車と市場価値が20万円以上の車は手元に残すことができない
  • 自己破産すると自宅を失う
  • 個人再生と自己破産の場合には、保証人付きの借金があると連帯保証人に多大な迷惑をかける
  • 個人再生、自己破産は同居した家族にバレずに手続きをするのが困難
  • 個人再生や自己破産すると官報に掲載されるが、家族や知人に見られる可能性は低い

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分