債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

クレジットカードを債務整理すると使えなくなる?

弁護士とパラリーガル

「債務整理するとクレジットカードが使えなくなるのか?」
「債務整理でクレジットカードが使えなくなる期間は?」

借金問題を法的に解決し、人生を立て直すための手続きが債務整理です。

そんな債務整理の案件で多いのが、クレジットカードによるリボ払いやキャッシングによる借金の整理でしょう。

債務整理では、キャッシングだけでなく、リボ払いや分割払いなどのショッピング分も整理対象にすることができるため、毎月の返済による負担を大きく下げることができますが、一定期間クレジットカードが使用できなくなるというデメリットもあります。

債務整理すると、信用情報機関が管理する信用情報に事故情報として登録されるため、5年~10年程度の期間、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から、新たに借金ができなくなります。

これが、俗に言う「ブラックリストに載る」という状態です。

ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用や新規発行ができなくなるため、人によっては生活が非常に不便になります。

ただし、債務整理後、5年~10年程度経過して、信用情報から事故情報が抹消されれば、再びクレジットカードが使えるようになるため、生涯使えなくなるというわけではありません。

今回は、これから債務整理をしようとする人に向けて、債務整理によるクレジットカードへの影響や、使えなくなる期間の詳細、また、クレジットカードが使えない間、代替品となるサービスの紹介もしたいと思います。

キャッシング枠もショッピング枠も債務整理可能

債務整理できるのはクレジットカードのキャッシング枠だけでなく、ショッピング枠も対象となります。

債務整理とは

債務整理とは借金問題を法的に解決し、新しい生活への第一歩を踏み出すための手続きです。

債務整理には、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」といった手続きがあり、あなたの借金額や収入状況に合わせ、適正な手続きを選択できます。

債務整理の主なメリットとしては、

  • 借金が減額される
  • カード会社からの督促が来なくなる

などが挙げられます。

いっぽう、デメリットもあり、特に代表的なのが後述する「ブラックリストに載る」ことでしょう。

キャッシングだけでなくショッピングも債務整理できる

クレジットカードを債務整理の対象にすると、キャッシングだけでなくショッピングも整理対象にすることが可能です。したがって、債務整理では、分割払いやリボ払いの借金も対象となるため、毎月の負担をかなり下げることができるでしょう。

キャッシングやリボ払いは金利が年利10~18%と高額なため、普通に返済していても完済するのは困難ですが、債務整理して借金を整理すれば返済の目途も立ちやすくなるのです。

債務整理すると対象のクレジットカードは使えなくなる

債務整理すると、対象にしたクレジットカードは5年~10年程度の期間、利用できなくなるというデメリットがあります。

クレジットカードが利用できなくなる

債務整理すると、ブラックリストに載る影響で5年~10年程度の期間、クレジットカードの利用や新規発行ができなくなります。

具体的なデメリットとしては、

  • クレジットカードでのショッピングができなくなる
  • 分割払いやリボ払いができなくなる
  • キャッシングができなくなる
  • 家賃がカード払いの賃貸物件に住めなくなる(新規契約も不可)

などが挙げられるでしょう。

ただし、債務整理後、5年~10年程度の期間が経過すれば、再びクレジットカードを利用できるようになるため、生涯使えなくなるというわけではありません。

債務整理対象外のクレジットカードも利用できなくなる

ブラックリストに載った状態になると、債務整理の対象となったクレジットカードだけでなく、それ以外のクレジットカードも利用できなくなります。

その理由は、ブラックリストに載ってしまうと、その情報が他のカード会社にも共有されるからです。

たとえば、債務整理の一つ「任意整理」では、債務整理の対象とする借金を自由に選択できるため、特定のクレジットカードだけを債務整理の対象から除外することが可能です。したがって、しばらくの期間はそのクレジットカードを使うことができるのですが、ブラックリストに載ったという事実をカード会社が知った時点で、そのカードも利用できなくなります。よって、債務整理すると、全てのクレジットカードが利用できなくなるというわけです。

ブラックリストとは

ここまで、何度も登場してきた「ブラックリスト」について詳しく解説したいと思います。

「ブラックリストに載る」デメリット

債務整理すると、信用情報機関が管理する信用情報に事故情報として登録され、信用を失った状態となります。この状態が、俗に言う「ブラックリストに載った」という状態です。ブラックリストに載ると先ほど紹介した通り、5年~10年程度の期間、クレジットカードが使えなくなります。また、それ以外にも、

  • ローンや奨学金の連帯保証人になれなくなる
  • 借金の整理対象に銀行が含まれる場合、その銀行口座が凍結される

といったデメリットもあるため、できるだけ早く借金を完済するべきでしょう。なお、ブラックリストの影響を受けるのは、債務整理した本人だけとなりますので、家族や親戚といった第三者に対する影響はありません。

信用情報機関と信用情報について

信用情報機関とは、顧客とカード会社が適正に取引できるように信用情報を収集、管理している機関のことです。信用情報機関は、以下3つの機関となります。

  • 「JICC」(日本信用情報機関)
  • 「CIC」(株式会社 シー・アイ・シー)
  • 「KSC」(全国銀行個人信用情報センター)

ちなみに、クレジットカード系の会社はJICCとCICに加入しているのが一般的です。また、3つの情報機関は、「CRIN (クリン)」と呼ばれるシステムで情報共有を行っているため、お互いに全ての信用情報を共有しています。したがって、債務整理すると、事故情報がカード会社にも共有されるため、全てのクレジットカードが利用できなくなるのです。

いっぽう、信用情報とは、顧客がカード会社と取引した履歴が情報として登録されたもので、あなたの氏名や住所、利用額、返済履歴、債務整理したという情報などを、会員であるカード会社が閲覧できます。そのため、カード会社は顧客と取引する際、本当にお金を貸してもよい相手なのか、信用情報を参照し信用を判断しているのです。

社内ブラックリストについて

債務整理の対象となったカード会社のクレジットカードは、債務整理後5年~10年程度経過しブラックリストから除外されても、利用できない可能性が高いでしょう。なぜなら、債務整理の対象となったカード会社には、あなたが債務整理したという情報が「社内ブラックリスト」に登録されるため、半永久的にその情報が社内に残るからです。社内ブラックリストとは、カード会社が独自に管理している顧客情報のことで、多くのカード会社が保有しています。したがって、5年~10年程度の期間が経過して、ブラックリストから情報が削除されても、債務整理の対象となったカード会社のクレジットカードは利用不可と思っておいた方がよいでしょう。

さらに、社内ブラックリストに載ると、そのカード会社の関連企業にも情報が共有されます。よって、関連企業のクレジットカードの利用も困難になるのです。たとえば、「MUFGカード」を債務整理の対象とした場合には、同じ三菱UFJフィナンシャル・グループが発行している

「三菱UFJ銀行VISA」のクレジットカードも利用できなくなります。

債務整理後クレジットカードが使えなくなる期間

クレジットカードが実際に使えなくなる期間は、手続きを行う債務整理の種類によって異なります。

任意整理すると5年程度の期間は使えない

任意整理すると、JICCには手続き後5年間、CICには借金完済後の5年間、KSCには保証会社による代位弁済の実施後5年間、信用情報に事故情報が登録されます。したがって、任意整理すると、5年間程度の期間はクレジットカードが使えなくなるのです。

ここで注意が必要なのが、CICに事故情報が登録される期間は“借金の完済後5年間”であるため、返済期間が長くなるとその分ブラックリストに載る期間も長くなり、クレジットカードが利用できなくなる期間も長くなるという点です。よって、できるだけ早く借金を完済するのが得策といえるでしょう。

個人再生と自己破産では5年~10年程度の期間使えない

個人再生、および自己破産すると、JICCには手続き後5年間、CICには借金完済後の5年間、KSCには官報掲載後10年間、信用情報に事故情報が登録されます。したがって、個人再生、または自己破産すると、5年~10年程度の期間はクレジットカードが使えなくなるのです。

なお、「官報」とは政府が発行する広報誌のようなもので、裁判に関する事件の内容などが掲載されています。個人再生と自己破産は、任意整理とは異なる裁判所を介在する手続きであるため、債務整理すると官報にあなたの名前や住所などの情報が掲載されます。JICCとCICは官報のチェックを行いませんが、KSCは官報のチェックが行っているため、官報内に債務整理の事実を確認すると10年間事故情報として信用情報に登録します。したがって、個人再生、または自己破産すると最長10年間にわたってクレジットカードが利用できなくなるのです。

クレジットカードはいつから使用できるのか

債務整理後、5年~10年程度の期間が過ぎれば、基本的には再びクレジットカードが使えるようになるのですが、信用情報機関から事故情報が消えたという連絡は特に来ません。そのため、確実に事故情報が消えたかどうかを確かめるためには、信用情報機関に問い合わせ、あなたの信用情報を確認する必要があります。

ウェブや電話、窓口などで3つの信用情報機関に問い合わせれば、あなたの信用情報を開示してもらえますので、債務整理後、再びクレジットカードの申請をしようと思った場合には、事前に自分の信用情報を開示してもらい、事故情報が消えているか確実に確認するようにしましょう。もし、事故情報が消えていないときにクレジットカードの申し込みをしてしまうと、審査に落ちてしまうばかりか、その後再び申し込んだ際に審査に通りにくくなるので注意しましょう。なお、どの信用情報機関も1,000円程度の手数料が掛かります。

クレジットカード代わりに使えるサービス

長期間、クレジットカードが使えないのは、社会人にとって非常に不便なものです。そこでクレジットカードの代わりに使えるサービスを紹介しますので、お役立てください。

家族カード

「家族カード」とは、クレジットカードを契約した本人の家族に対して追加発行されるクレジットカードのことです。債務整理するとブラックリストに載ってしまいますが、その影響を受けるのは債務整理をした本人だけであるため、あなたの家族には影響を及ぼしません。したがって、あなたの家族が持っているクレジットカードが家族カードを発行できるものであれば、そちらを利用できますので債務整理後もそれほど困ることはないでしょう。

ただし、家族カードの支払いはカードを契約した人に集約されるため、家族カードの利用履歴は全て契約者が閲覧できるという点に注意が必要です。とはいえ、そもそも債務整理は生活を立て直すための手続きですので、クレジットカードの使用は極力控えるべきですので、ちょうどよいともいえるでしょう。

デビットカード

つぎに、「デビットカード」とは、買い物をする際、あなたの銀行口座の預金から代金が引き落とされることで決済が行われる仕組みのカードです。デビットカードは預金の範囲内であれば自由に買い物ができますが、逆に預金以上の買い物はできません。そのため、クレジットカードのように、使い過ぎてしまうということがなく、債務整理後に利用するサービスに適しているのです。デビットカードは、銀行の口座さえ開設すればすぐに発行できるため、債務整理後でも安心です。ただし、分割払いはできないので注意しましょう。

プリペイドカード

「プリペイドカード」とは、事前に現金をカードにチャージすることで、買い物などで利用できるカードのことです。チャージした金額の範囲内で、買い物などに利用できます。発行の際、審査もないため債務整理後でも問題なく発行可能です。ただし、デビットカードと同様、分割払いができませんので、一括払いのみとなります。よって、携帯料金や公共料金の支払いなどには使えません。

ETCパーソナルカード

「ETCパーソナルカード」とは、保証金方式のETCカードです。「保証金方式」とは、カード発行の際、保証金を納めることで、それを担保にしてサービスが利用できる仕組みとなります。ETCパーソナルカードでは、最初に60,000円を納めることで、一般のETCカードのように利用可能です。ただし、保証金は担保として支払う金額であるため、ETCの利用料金として使うことはできませんので、別途利用料金が発生する点に注意しましょう。なお、料金の支払いは、口座振替となります。

クレジットカードの債務整理でカードは使えなくなる?まとめ

本棚とペン
  • クレジットカードを債務整理の対象にすると、キャッシングだけでなくショッピングも整理対象になる
  • 債務整理すると、ブラックリストに載る影響で5年~10年程度の期間、クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • 債務整理の対象となったカード会社のクレジットカードは、債務整理後5年~10年程度経過しブラックリストから除外されても、利用できない可能性が高い(社内ブラックリスト)
  • 任意整理すると、5年間程度の期間、クレジットカードが使えなくなる
  • 個人再生、または自己破産すると、5年~10年程度の期間、クレジットカードが使えなくなる
  • 債務整理後、5年~10年程度の期間が過ぎれば、基本的には再びクレジットカードが使えるようになる
  • 債務整理後、クレジットカードが使えない期間の代替品として、「家族カード」、「デビットカード」、「プリペイドカード」、「ETCパーソナルカード」などを利用するとよい

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分