債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

任意整理と特定調停の違い

弁護士とパラリーガル

「任意整理と特定調停ってどう違うの?」
「任意整理の他に特定調停があるって聞いたけど、どんな違いがあるの?」

任意整理を検討している人の中には、特定調停というものがあると聞いて、どう違うのか気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

任意整理と特定調停は借金の将来利息や遅延損害金を免除してもらうという点では同じですが、手続き方法やメリットデメリットが違います。

そこで、任意整理と特定調停の違いを見ていきましょう。

任意整理とは?

任意整理とは、弁護士に依頼をして、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に将来利息や遅延損害金を免除してもらえるよう、交渉してもらう手続きです。減額された借金は、3~5年で分割で支払います。弁護士が間に入ってくれることで、手続き中はあなた(債権者)はほとんど何もすることがありません。

特定調停とは?

対して特定調停とは、簡易裁判所が間に入ってもらい、借金を整理する方法です。基本的には任意整理と減額できる金額は同じになります。任意整理と同じで、整理したい借金を自分で選ぶことができます。和解成立後は3~5年で分割で支払うのも任意整理と同じです。

任意整理と特定調停の違い

任意整理と特定調停の大きな違いは、任意整理は弁護士が代わりに手続きをほとんど全部してくれますが、特定調停は簡易裁判所が間に入ってはくれますが、基本的に手続きはあなた自身で進めていく必要があります。そのため、特定調停はあなたが裁判所に足を運ぶ必要があるので時間がない人にはあまり向いていません。

時間がかかるのは特定調停

任意整理は、手続きは弁護士が行ってくれますし、必要な書類も全て弁護士が作成してくれます。もちろんある程度用意するものはありますが、最初の依頼時に弁護士事務所に足を運んでから、手続きが完了して返済がスタートするまで連絡がないこともあります。

それくらい任せっぱなしでも大丈夫ですが、特定調停は全て書類をあなた自身が用意する必要がありますし、簡易裁判所にも月1回のペースで3、4会出廷しなければなりません。また、簡易裁判所には平日しか出廷できないため、平日は仕事で忙しい方はあまり向いていません。

また、任意整理も特定調停も手続きを始めると返済が一時的にストップするのは同じです。ただ任意整理は弁護士がカード会社に受任通知を送った時点ですぐに返済がストップするのに対し、特定調停は裁判所に申し立てをしてから数日の時間を要します。人によっては申し立てをする際の書類を作成するのにも時間がかかるため、すぐに返済をストップさせたい人にとっては任意整理のほうがおすすめです。

費用を抑えたい人は特定調停

任意整理は弁護士に依頼するため、弁護士費用がかかります。だいたい相談料(無料の事務所もあります)+1社あたり3~5万円の手数料+成功報酬(減額できた金額の10%以下)がかかることになります。

対して特定調停は、専門家に依頼する費用が捻出できない人のために設けられた制度なので、費用の安さが特徴になります。カード会社1社あたり500円で済みます。郵便切手代などを入れても2,000円程度で済ませることができます。

任意整理では和解交渉後、返済がスタートしますが、弁護士費用の支払いもあると負担に思う方もいらっしゃいます。もちろん任意整理の手続きを始めて返済がストップしている間に分割で支払えますし、無理のない返済計画を弁護士が一緒に立ててくれるので、心配はいりません。

過払い請求できるのは任意整理だけ

もし過払い金がある場合、請求できるのは任意整理だけになります。

過払い金が多額になっている場合、過払い金を請求するだけで借金がチャラになる、ということも珍しくありません。特に2010年の6月より前に借金をしていた場合、過払い金が発生している可能性が高いです。

すでに返済が終わっている借金であっても、過払い金があれば請求できるので、過払い金がありそうな時は任意整理がおすすめです。

差し押さえが可能なのは特定調停だけ

特定調停では成立後、調停調書が作成されます。この調停調書通りに返済ができなくなった場合(返済が遅れた場合)、カード会社はお給料の差し押さえなどをすることができてしまいます。任意整理であれば、返済計画を弁護士と相談して決めることができますが、特定調停では自分で返済計画を立てる必要があるので、きちんと返済できるような計画を立てる必要があります。

交渉が成立しやすいのは任意整理

特定調停では簡易裁判所が間に入ってくれますが、裁判所の調査委員が必ずしも債務整理が得意とは限りません。そのため、不利な条件で交渉が進んでしまったり、そもそも和解ができず調停が成立しない可能性もあります。

対して任意整理であれば、債務整理に強い弁護士を自分で選ぶことができます。債務整理を得意としている弁護士であれば、交渉力もありますし、引き直し計算(現在の法定利息に合わせて利息を計算すること)がきちんとできるので、過払い金があるかどうかもしっかり計算してくれます。カード会社としても、任意整理が得意な弁護士であれば不利な条件を出してくることはありません。

もちろん任意整理は、カード会社に必ず応じなければならないという義務はありません。そのため弁護士に依頼しても、100%和解交渉するという保証はありません。ただ、弁護士に依頼したほうが交渉が成立しやすいのは確かです。

任意整理と特定調停の違いのまとめ

本棚とペン
  • 任意整理と特定調停では、基本的には減額できる金額や整理したいカード会社を選べるという点では同じです
  • 特定調停は自分で手続きを進めるので、費用が安く抑えられるというメリットがあります
  • 任意整理は弁護士に依頼することで、特定調停と比べて費用が高くなるというデメリットがありますが、手続きのほとんどを弁護士に任せることができます
  • 過払い金を請求できるのは任意整理だけで、過払い金を請求しただけで借金がチャラになることも珍しくないので、過払い金がありそうな場合は任意整理がおすすめです
  • 特定調停では、裁判所の調査委が債務整理の経験が少ない場合、不利な条件で交渉が進んだり、交渉が成立しないこともあるということを覚えておく必要があります
債務整理が得意な法律事務所SAI(大宮・埼玉)のTOPへ

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分