埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【埼玉】債務整理相談センターまで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

任意整理後の返済途中で支払いが難しくなったら?

司法書士とパラリーガル

「任意整理で借金が減ったのに失業してしまい返済が厳しくなった」
「任意整理後に借金の返済ができなくなるとどうなる?」

任意整理によって、借金を減額すると、減額された借金については、任意整理後の35年で分割して返済していくことになります。

しかし、せっかく任意整理をして借金を減額されても、返済途中で失業などが原因で支払うことができなくなることもあります。

そこで、任意整理後の返済途中で支払いが難しくなった場合にどうなるのか見ていきましょう。

返済途中で滞納するとどうなる?

任意整理をした後、返済途中で借金を滞納してしまうとどうなるでしょうか。

借金の返済に困っていて、任意整理をすると、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と弁護士などの代理人との交渉によって、借金の利息や遅延損害金がカットされます。

任意整理では、借金の元本そのものが減ることはありませんが、将来利息がカットされることによって、借金の総額が減ります。

任意整理によって減額された借金と、返済のスケジュールについては、カード会社との間で、合意内容を記した和解書が取り交わされます。和解書の内容には、返済途中で滞納してしまった場合についても記載されています。

一般的に、和解書では、借金の返済途中で延滞してしまい、そのまま一定期間たつと、和解内容については無効になることが記されています。

通常、返済途中の延滞が許される期間は「2か月(2)」とされるケースが多いです。任意整理によって、定められた和解内容が無効になってしまうと、カード会社から残りの返済額について一括で請求されることがあります。

返済できなければ、強制執行される可能性もあり、そうなれば、給与や財産が差し押さえられることになります。

ただし、カード会社のほとんどが、返済途中で12回の延滞してしまっても、待ってもらえる場合も多いです。

しかし、カード会社の対応の仕方はそれぞれですし、返済途中で延滞する場合には、弁護士などの代理人に必ず連絡をして、カード会社に返済を待ってもらうように交渉してもらう必要があります。

また、任意整理後の借金の返済途中で、滞納してしまい和解が無効になっても、即座に強制執行されて給料が差し押さえられることはありません。

なぜなら、任意整理の和解書は、債務名義にあたらないからです。債務名義とは、裁判所から発行される公文書のことです。

債務名義があれば、カード会社はすぐに強制執行を行うことができますが、任意整理は、そもそも裁判所を介さない手続きであり、債務名義は発行されません。

ですので、任意整理後の返済途中で延滞してしまっても、強制執行される可能性は低いので、安心して良いでしょう。

弁護士に辞任される可能性もある

任意整理を弁護士に依頼していた場合に、返済途中で何度も延滞をしてしまうと、弁護士に辞任されてしまう可能性があります。

あなたへお金を貸していたカード会社が、あなたから借金の返済をしてもらえずに迷惑がかかるのはもちろんですが、弁護士にとっても、あなたを信用してカード会社と交渉をし、和解できたのに、返済途中で何度も裏切られてしまっては、迷惑です。

そして、最悪の場合には、代理契約を解除されてしまう可能性がありますので注意してください。

延滞した場合の対応策は?

任意整理後の返済途中で、借金を延滞してしまった場合には、返済ができないとわかった早い段階で弁護士などの代理人に連絡をしましょう。

代理人を通じて、返済途中であるにも関わらず延滞してしまうということを、カード会社に事前に連絡すれば、誠意を感じてもらうことができます。

また、借金の返済そのものができなくなった場合には、再び任意整理をするか、自己破産や個人再生といった他の債務整理の手続きを取らざるをえません。

いずれにしても、弁護士などの代理人に早めに相談をしておくことが必要です。

任意整理後にきちんと返済をしていくためには?

任意整理をして、借金を減額しても返済途中で支払えなくなってしまっては意味がありません。

借金の支払いを延滞しないためにも、任意整理をする際の毎月の返済金額の設定は、生活に支障のでない無理のない範囲で設定しておくことが大切です。

まとめ

本棚とペン
  • 任意整理後に、返済途中で2回延滞すると借金の残高を一括で請求される可能性が高い。
  • 任意整理は、そもそも裁判所を介さない手続きであり、債務名義は発行されないため、任意性後に強制執行される可能性は低い。
  • 任意整理後の返済途中で、返済ができない状況にあれば、早い段階で弁護士などの代理人に連絡をする。

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

【埼玉】債務整理相談センター
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

【埼玉】債務整理相談センター

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号