埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【くすの木総合法務事務所(埼玉)まで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

任意整理をした後に保険に入ることはできるの?

司法書士とパラリーガル

「任意整理の後で生命保険が必要になったらどうしよう?」
「任意整理しても保険に入りたい…」

利息をカットし、返済期間を調整してもらうことで、毎月の返済の負担を減らすことができる任意整理。

しかし、任意整理をした後は、保険に加入できなくなるのではないかという不安があるようです。

ここでは、任意整理について簡単に解説し、保険に加入できないというのは誤解であるということを説明します。

債務整理(任意整理・個人再生)の無料診断

任意整理の無料3分診断実施中

【埼玉】債務整理相談センターでは、任意整理の無料診断を実施しております。

任意整理診断を行うことで、事前に手続きの内容やデメリットも理解できるようになります。

任意整理診断では、

『任意整理できるのか』

『月々の返済額はいくらに変わるのか』

『どれくらいの利息がカットできるのか』

などを診断いたします。

※無料診断を利用されても必ずしもご依頼いただく必要はありませんのでご安心を。

任意整理でできることとブラックリスト

まず、任意整理とはどのような債務整理なのか、任意整理をするとどのようなデメリットがあるのかを説明します。

任意整理ではどんなことができるのか

任意整理とは、弁護士が借入先のカード会社や銀行と交渉して、利息をカットしたうえで、借金の元本(もともと借りた金額)のみを約5年(60回)の分割払いで返済するという形にしてもらう債務整理です。

つまり、任意整理をすると、弁護士に借入先のカード会社や銀行と交渉してもらうだけで、借金の返済による月々の負担を減らすことができるのです。

それでは、任意整理をすると月々の負担額をどの程度減らすことができるのか、例をあげて見てみましょう。

Aさんはクレジットカードの借金が150万円あり、金利15.0%の36回払いだったとします。

Aさんが返済しなければならない金額のうち、利息の部分は約37万2000円にのぼります。

また、Aさんが毎月支払わなければならない金額は約5万2000円となります。

しかし、任意整理を行って利息を0にしたうえで、元本の返済を60回に分割してもらうことで、Aさんの毎月の支払額を2万5000円まで減らすことができます。

Aさんの場合、このように利息の部分である37万2000円をすべてカットしてもらい、元本の返済を60回にしてもらうことで、月々の負担が2万7000円ほど少なくなります。

任意整理で毎月の負担額が減れば毎月の保険料支払いに余裕が出る

任意整理によって月々の負担が軽くなることで、これから保険に加入する人も、月々の保険料を支払っていくだけの余裕が出てくるはずです。

生命保険文化センターが発表している「生活保障に関する調査」によると、年間の保険料は男性が平均22.8万円、女性が平均17.4万円となっています。

これをもとに保険料の月額を計算すると、男性が1万9000円、女性が1万4500円ということになります。

Aさんの例では毎月の負担額が2万7000円ほど軽くなっていますので、任意整理をした後は、平均程度の保険料であれば毎月支払ってもお釣りがくるほどです。

また、保険に加入しているけれども、借金の返済が苦しくて解約しようと考えている人もいるかもしれません。

そのような方も、任意整理によって毎月の負担額を減らすことで、保険を解約しなくて済むようになります。

任意整理のデメリットはブラックリストに載ること

任意整理をしたという事実は、スケジュール通りの返済が難しかったために債務整理をしたという「信用事故」として扱われます。

信用事故の情報は、クレジットカードなどの信用情報を管理している「信用情報機関」という機関に、5年程度登録されます。

いわゆる、「ブラックリストに載る」という状態です。

ブラックリストに載っている間は、新規でクレジットカードを作る、既存のクレジットカードを利用する、住宅ローンや医療ローンなどのローンを組む、新たに借金をする、といったことができなくなります。

なお、ブラックリストに載ると、任意整理の対象となったカード会社や銀行はもちろん、その他のカード会社や銀行が提供するクレジットカードやローンであっても利用することはできなくなるという点にも、注意が必要です。

しかし、ブラックリストに載ることで制限がかかることというのは、実際にはクレジットカードやローンの利用や新規作成ができなくなるということくらいです。

ブラックリストに載っているという理由だけで、各種保険への加入が断られたり、今入っている保険を解約させられたりすることはありません。

任意整理でブラックリストに載っても保険には全く影響がない

任意整理をした後は保険に入れなくなる、というイメージは、上で説明したブラックリストに登録されるという点によって広まったものと思われます。

しかし、実際には、ブラックリストを見ることができるのはカード会社や銀行など、お金を貸す事業を行っているところに限られています。

さらに、法律によって、「信用情報を返済能力などの調査以外の目的に使用してはならない」というルールも定められています。

つまり、ブラックリストに登録されている情報は、お金を貸す事業をしているカード会社や銀行が、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを確かめるためにのみ、使うことができるのです。

そして、生命保険の支払いは借金の返済ではありませんので、生命保険の審査をするという目的でブラックリストの信用情報を見ることはできません。

つまり、あなたが保険に加入するときに、保険会社がブラックリストを閲覧することは絶対にないため、任意整理したことを理由として保険への加入を断られるということはありえないといえるのです。

任意整理をした後に保険に入ることはできるの?のまとめ

本棚とペン
  • 任意整理では、利息のカットや元本の長期分割払いで月々の負担を減らすことができる
  • 任意整理で毎月の負担を減らすことで、保険料の支払いが楽になる
  • 任意整理した後は、信用情報機関のブラックリストに登録される
  • ブラックリストに載るとカードやローンは使えなくなるが、保険には影響がない
  • 保険の審査でブラックリストの情報を見ることはできない
  • 任意整理をしたという理由で保険に加入できなくなることは絶対にない

執筆・監修

藤田司法書士

藤田 太

保有資格

  • 日本司法書士会連合会所属
  • 埼玉司法書士会所属 登録番号 第1124号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定 第601564号
  • 日本行政書士会連合会所属
  • 埼玉県行政書士会所属 登録番号 第07131937号

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

くすの木総合法務事務所(埼玉)
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

くすの木総合法務事務所(埼玉)

【埼玉】債務整理相談センタースタッフ
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号