埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【埼玉】債務整理相談センターまで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

任意整理しても住宅ローンの借り換え審査に通る方法はある?

司法書士とパラリーガル

「住宅ローンの金利が高いから借り換えしたい」

「でも、以前に任意整理しているしな・・・」

任意整理で月々の返済額を下げられ、余裕を持った生活になったので、さらに改善しようと低い金利の住宅ローンへの借り換えを検討する人は少なくありません。

住宅ローンの金利は、一般的なキャッシングなどの金利と比べるとかなり低く設定されているものの、元金が大きいことから利息額は非常に大きくなります。

金利が0.5%下がるだけで、数百万円もの利息が減ることは珍しくなく、低い金利の住宅ローンへの借り換えができるものならした方がお得になることは間違いありません。

そこで、任意整理をした方は住宅ローンの借り換え審査に通る可能性はあるのか?

について詳しく解説していきましょう。

住宅ローンの借り換えは基本的には難しい

任意整理をすると、個人信用情報機関に事故情報(任意整理をした事実)が登録されることになります。

いわゆる「ブラックリスト」という状態になってしまいます。

金融機関(銀行・クレジットカード会社・消費者金融など)は、この個人信用情報機関の登録内容を審査基準の1つとしており、任意整理している人は、「お金を貸しても戻ってこない」と判断されてしまうのです。

住宅ローンの借り換えも同様に、借り換え先の金融機関で新しく借金をするということなので、新規のローンを契約を結ぶことと同じです。

なので、クレジットカードが使えなくなる・消費者金融や銀行から借り入れできない事と同様に、住宅ローンの借り換えも基本的には難しいと考えておきましょう。

任意整理から約5年経つと借り換えできる可能性大

任意整理をすると、約5年の間、個人信用情報に登録され続けます。(ブラックリスト期間が約5年)

住宅ローンの借り換え先は、審査で個人信用情報を確認するわけですから、任意整理の事実があると、一様に審査を通さない可能性が高いです。

しかし、任意整理から5年経過すると、個人信用情報に登録されていた任意整理の事実が削除されることになります。

削除された内容は、住宅ローンの借り換え先が知る術はないので、「ブラックリストではないこと」の審査基準の1つをクリアできるというわけです。

後は、住宅ローンの借り換えを行うタイミングのあなたの経済状況によって、審査に通るか通らないが決まっていくという流れです。

ブラックリスト中の借り換えは絶対に不可能?

個人信用情報機関に任意整理の事実が登録(ブラックリスト状態)されると、100%必ずしも住宅ローンの借り換えができなくなるかというと、そういうわけでもありません。

なぜなら、ブラックリスト状態の人には住宅ローンの借り換え審査を通してはいけない、という法律はなく、あくまでも借り換え先の独自判断となるためです。

つまり、住宅ローンの借り換え先である金融機関は、貸し付けたお金を利息も含めてしっかりと返済してもらえるのか(信頼できるのか)、ということが根本的な審査の通過条件となるわけです。

それでは、どのようにすれば審査に通る(信頼してもらえる)かについて、これまでの実際の事例を交えてお話していきましょう。

配偶者に借り換えをしてもらう

住宅ローンの借り換え審査は、あくまでも借り換える方の信用状況に依存します。

ブラックリスト状態なのは任意整理した本人だけです。

つまり、任意整理をしていない方(旦那様が任意整理した場合は奥様)の信用状況は真っ新なわけですから、ブラックリストだから審査に通らないというデメリットは避けられます。

なので、ご両親・ご兄弟・ご子息が住宅ローンの借り換え先との契約人になるケースもよく見受けられます。

もちろん、ブラックリストで審査に落ちるというリスクは回避できますが、あくまでも返済できる見込みがあるかを証明する必要があるため、他の方が契約人になる場合は、その方の経済状況でしっかりと返済できるのかという点が大きなポイントとなってくるでしょう。

連帯保証人を複数に立てる

住宅ローンの借り換え先の中には、ブラックリスト状態であったとしても審査に通してくれるケースもあります。

そこでよく聞く条件として、連帯保証人を複数人たてるということです。

一般的に、住宅ローンで連帯保証人をたてるときは、配偶者であることが多いですが、ブラックリスト状態で借り換えを行う際、さらにプラスして連帯保証人をたてられれば審査に通すという借り換え先もあります。

もちろん連帯保証人なので、あなた(主契約者)と同等の返済能力がある方が求められます。

この場合、ご両親を連帯保証人にたてるケースが多いですね。

まとめ

本棚とペン
  • 任意整理してから約5年間は、住宅ローンの借り換えは難しい
  • ブラックリスト状態でも住宅ローンの借り換えができる可能性はゼロではない

  →ブラックリスト状態ではない配偶者などの他の方名義で借り換えを行う

  →連帯保証人を複数人用意すると借り換えできる可能性がでてくる

債務整理(任意整理・個人再生)の無料診断

任意整理の無料3分診断実施中

【埼玉】債務整理相談センターでは、任意整理の無料診断を実施しております。

任意整理診断を行うことで、事前に手続きの内容やデメリットも理解できるようになります。

任意整理診断では、

『任意整理できるのか』

『月々の返済額はいくらに変わるのか』

『どれくらいの利息がカットできるのか』

などを診断いたします。

※無料診断を利用されても必ずしもご依頼いただく必要はありませんのでご安心を。

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

【埼玉】債務整理相談センター
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

【埼玉】債務整理相談センター

【埼玉】債務整理相談センタースタッフ
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号