債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

任意整理後にクレジットカードが使えるまでの期間

弁護士とパラリーガル

「任意整理後はクレジットカードが使えないって本当?」
「任意整理をした後、どのくらいの期間が過ぎたらクレジットカードを使えるの?」

任意整理などの債務整理をした後は、ブラックリストに載るため、クレジットカードの作成・使用ができなくなります。

任意整理の場合、クレジットカードが使えない期間は5年程度です。

この期間が過ぎると、再びクレジットカードを作ったり使ったりできるようになります。

ただし、クレジットカードを任意整理の対象にした場合、そのクレジットカードは作ることができません。

この記事では、任意整理するとクレジットカードが使えなくなる理由、ブラックリストから外れたかどうか確認する方法、任意整理の対象としたクレジットカードは作成・利用ができなくなることを順に説明していきます。

任意整理後5年間はブラックリストに載るためクレジットカードが使えない

任意整理の後は、5年程度の間、信用情報機関のブラックリストに載るため、クレジットカードが使えなくなります。

ブラックリストとは

銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった、お金を貸す事業を行っている会社は、お金を貸す相手に返済能力があるかどうか調べるために、クレジットカードの利用状況などの信用情報を管理している機関である「信用情報機関」に加盟しています。

任意整理などの債務整理をすると、もともと決められた条件でお金を返すことができなかったという「信用事故」の情報が、信用情報機関に登録されます。これが、いわゆる「ブラックリスト」に載るということです。

ブラックリストに載っている間は、信用情報に傷がついているため、次のようなことができなくなります。

  • クレジットカードの新規作成
  • 既に持っているクレジットカードの使用
  • 新しくローンを組むこと(住宅ローン、自動車ローン、医療ローン、多目的ローンなど)
  • 借金の保証人になること

ブラックリストに載ってからクレジットカードが使えるようになるまでの期間

任意整理の場合、ブラックリストに載る期間はふつう5年程度です。

この期間が過ぎて、ブラックリストから外れると、以前と同じようにクレジットカードを作ったり使ったりすることができるようになります。

任意整理をしても家族カードを使わせてもらうことはできる

任意整理をした後もクレジットカードを使いたい場合、パートナーや親などに頼んで家族カードを発行してもらうという方法もあります。

任意整理でブラックリストに載るのは任意整理をした本人だけで、パートナーや親、子どもの信用情報には何の影響もありません。

そのため、任意整理をした後でも、ブラックリストに載っていないパートナーや親、子どもに家族カードを発行してもらうことは可能です。

どうしてもクレジットカードが必要な場合は、家族カードを使わせてもらいましょう。

ブラックリストから外れたかどうか確認する方法

クレジットカードを作ったり使ったりできるかどうかを確認するには、信用情報機関に自分の信用情報がどのような状態で登録されているかどうか確かめる必要があります。つまり、ブラックリストに載っているか、外れているかを確認するわけです。

ブラックリストから外れたかどうか確認するには、以下の3つの信用情報機関に、自分の信用情報について開示請求をするという方法があります。

  • CIC(クレジットインフォメーションセンター)
    インターネット・郵送(1000円)、窓口(500円)
  • 日本信用情報機構(JICC)
    インターネット・郵送(1000円)、窓口(500円)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)
    郵送のみ(500円)

それぞれ、インターネットまたは郵送での開示申し込みを受け付けていたり、窓口で直接信用情報の開示を依頼したりできるようになっています。なお、信用情報の開示請求には手数料がかかります。また、本人以外の人が信用情報を確認するには、委任状が必要となります。

任意整理したクレジットカードはブラックリストから外れても作成・使用できない

「社内ブラック」になるとそのカード会社のクレジットカードを作ることはできない

クレジットカードを任意整理の対象とした場合、任意整理から5年程度の期間が過ぎてブラックリストから外れても、任意整理したクレジットカードを作ったり使ったりすることはできません。

これは、クレジットカード会社が社内で持っているブラックリストに載るためです。「社内ブラック」については、5年ほどの期間が過ぎて信用情報機関のブラックリストから外れた後も、クレジットカード会社内のブラックリストから消えることはありません。

例として、三井住友VISAカードを対象にして任意整理を行ったとします。この場合、信用情報機関のブラックリストから外れる5年の期間を過ぎた後も、三井住友VISAカードを作ることはできません。

同じ企業グループ内の別会社が提供しているクレジットカードも作れない可能性がある

三井住友カードは、所属している企業グループである「三井住友フィナンシャルグループ」内で個人データを共同利用しています。つまり、三井住友カードが記録している「社内ブラック」の情報が、三井住友フィナンシャルグループ内の別企業にも共有されるということです。

この点からすると、三井住友VISAカードを任意整理した場合、三井住友フィナンシャルグループのグループ企業である「セディナ」が提供しているSMBC JCBカードも作るのが難しくなると考えたほうがよいでしょう。

このように、クレジットカードを任意整理の対象とすると、同系列の別会社が提供しているクレジットカードも作れなくなる可能性があるのです。

なお、三井住友VISAカードを任意整理した後も銀行系VISAカードを使いたいとしたら、三菱UFJ銀行が発行している三菱UFJ-VISAカードや、りそな銀行グループのりそなカードが発行しているりそなVISAなど、三井住友カード以外の会社が発行している銀行系VISAカードに申し込むといった方法があります。

まとめ

本棚とペン
  • 任意整理などの債務整理後は、ブラックリストに載り、クレジットカードが使えなくなる
  • 任意整理の場合、クレジットカードが使えない期間は5年程度
  • ブラックリストに載っている間も、家族カードを使わせてもらうことはできる
  • クレジットカードを作れるか確認するために、自分の信用情報を調べることができる
  • 任意整理の対象としたクレジットカードは、ブラックリストから外れても使えない
  • 任意整理したカード会社と同じ系列会社のクレジットカードも作れない可能性がある

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分