債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

借金200万円を任意整理すると月々の返済額はいくらになる?

弁護士とパラリーガル

「借金が200万円あるけど、任意整理するとどれくらいまで減る?」
「借金200万円を任意整理したら、月々の返済はいくらになる?」

借金を任意整理したい人にとって、任意整理をしたら借金がどれくらいまで減るのか、月々の返済はいくらくらいになるのか、というのは気になるところですよね。

今回は借金が200万円ある場合について見ていきましょう。

借金200万円を任意整理したほうがいい目安

クレジットカードのリボ払いやカードローンなど、気がついたら借金が200万円に膨れ上がっていた、ということは珍しいことではありません。

クレジットカードやカードローンなどは手軽に利用できるので、最初は月末に少し借りるだけ、と思っていてもだんだんと多額になってしまう、という人はとても多いです。

では、借金が200万円になっていた場合、任意整理したほうがいい目安はあるのでしょうか。

借金が200万円になっている場合、月々の支出にもよりますが、だいたい毎月のお給料が40~50万円でないと返済は難しいと言われています

しかし、借金の理由にもよりますが、お金を借りないといけない経済状況であったことを考慮すると、毎月のお給料が40~50万円だったとしても返済が難しい場合もあるかもしれません。

  • 借金を返済するために借金をしている
  • 返しても返しても借金が減らない

そんな状態になっている人は、任意整理をおすすめします。

借金200万円を任意整理するメリット

では、借金200万円を任意整理するとどうなるのでしょうか。

任意整理するメリットとして、将来金利が免除される、ということが挙げられます。

金利の計算は、月々の返済額によって変動するので、1社だけでなく複数社から借入している場合は、どのカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)にどれくらい金利を支払っているのか、実は分からないまま返済している、ということも少なくありません

金利というのは、残っている借金の総額に対してかかってくるので、一回の返済額が大きく、トータルでの返済回数が少ないほど少なく済みます。

しかしそもそも借金をしなければならない状況にあって、月々の返済額を大きくできるかは怪しいところですよね。

結果、返済額を大きく設定して返済が間に合わず、他からまた借金をしてしまったり、毎月の返済額が小さく、返済しても返済しても終わらない、ということになりやすいんです。

では、借金200万円に対して、どのくらいの利息金を支払っていることになるのでしょうか。

毎月5万円の返済をする場合

例えば借金200万円を、毎月5万円ずつ返していくとしたら利息金はいくらになるのでしょうか。

年利が15%だとしたら、返済期間は4年と8カ月利息金だけで79万円支払うことになります。200万円の借金を、279万円にして返済するということになるんですね。

毎月8万円の返済をする場合

では毎月8万円ずつ返済していくとしたらどうでしょうか。年利15%で計算すると、返済期間は27カ月、利息金だけで41万円を支払うことになり、トータルで241万円を返済することになります。

毎月3万円の返済をする場合

では毎月3万円に減らした場合はどうなるのでしょうか。

同じく年利15%だとしたら、返済期間は12年と1カ月利息金だけでなんと232万円も支払うことになるんです。トータルで432万円、借金の倍以上にして返済しなければならない、と思うとゾッとするのではないでしょうか。

もちろん200万円を借入した理由にもよりますが、借金をしている状況で、毎月8万円を返済するのは難しいと考えるのが普通ですよね。

3万円、頑張って5万円、となると金利だけでもかなりの金額を支払うことになります。

もちろん年利がもう少し低いカード会社もありますし、複数社から借入していて合計金額が200万円という場合はまた少し変わってきます。

しかし、金利だけで何十万円もかかることには変わりはありません。

上記も含めて、借金が200万円、年利が15%だった場合、月々の返済額によって利息金がいくらになるのかも載せておきます。

 

  • 毎月3万円返済→トータル利息金約232万円(121カ月で完済)
  • 毎月4万円返済→トータル利息金約115万円(67カ月で完済)
  • 毎月5万円返済→トータル利息金約79万円(48カ月で完済)
  • 毎月6万円返済→トータル利息金約60万円(38カ月で完済)
  • 毎月7万円返済→トータル利息金約49万円(3年で完済)
  • 毎月8万円返済→トータル利息金約41万円(27カ月で完済)
  • 毎月9万円返済→トータル利息金約35万円(23カ月で完済)
  • 毎月10万円返済→トータル利息金約31万円(2年で完済)

将来金利が免除されるとどうなる?

では任意整理をして将来金利が免除されるとどうなるのでしょうか。

金利がなくなる、ということは、借金が200万円だった場合、純粋に200万円を返済すればいい、ということになります

何十万円、下手したら何百万円とかかってくる金利を免除されるのが、どのくらい返済の負担を減らしてくれるか、容易に想像がつきますよね。

また、上記では将来金利をだけを載せていますが、任意整理をすると遅延損害金も免除してもらえるよう、交渉してもらいます。遅延損害金とは、返済ができずに滞納した場合に発生する損害賠償金のことです。上限は年利20%と決められていますが、上限いっぱいの20%で設定しているカード会社が多いです。

例えば200万円の借金を1年間返済できず滞納した場合は、40万円の遅延損害金が発生することになります。任意整理では、この遅延損害金も免除されるため、純粋に200万円を返済していくことになります。

ただ、任意整理では、返済期間は35年と決められているので、200万円を5年以内に返済する必要があります。もし5年で交渉してもらった場合、60回払いで月々約33,000円を返済していくことになります。

金利がある状態で月々の返済額を3万円にすると、トータル利息金は約232万円で、合計432万円を返済していく、というのは先ほど説明しましたよね。

任意整理をしたら、どれくらい返済の負担が減るか、比べてみると一目瞭然ですね。

過払い金の請求もできる

任意整理では、過払い金が合った場合過払い金も一緒に請求します。

特に、2010年以前に借入をしていた場合、グレーゾーン金利で高い金利を支払っていた可能性が高いです。過払い金が発生していれば、その分を借金200万円の返済に充てることができるので、返済の負担はさらに減ります。

もし過払い金が50万円合った場合、残りの150万円を返済していくということですね。

過払い金を請求しただけで借金がチャラになった、というのも珍しい事例ではないので、一度弁護士に相談してみるのがおすすめです。

まとめ

本棚とペン
  • 借金200万円を返済するには、お給料が40~50万円ないと難しいと言われています
  • 借金200万円に対して年利15%の場合、毎月の返済額が3万円だと返済期間は121カ月、利息金約232万円になり、借りた時の倍以上にして返済しなければなりません
  • 任意整理をすると、将来金利が免除されて、純粋に200万円を返済すればいいので、月々の返済額は33,000円、それを5年かけて返済、というイメージになります
  • 任意整理では遅延損害金を免除してもらったり、過払い金があれば一緒に請求するので、場合によってはさらに返済の負担が軽くなることもあります

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分