埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【くすの木総合法務事務所(埼玉)まで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

浪費での借金は個人再生できる?

司法書士とパラリーガル

「個人再生したいけど浪費での借金では無理だろうか」
「浪費でできた借金も個人再生できたらいいんだけど」

借金の返済額を5分の1程度まで減らすことができる個人再生は、任意整理よりも借金減額の効果が大きく、自己破産と違って財産をすべて処分されることもない、強力な債務整理です。

ただ、浪費が原因でできた借金は自己破産で免除してもらえないことがあるため、個人再生でも浪費での借金は整理できないと思っている人が少なくないようです。

実は、個人再生では借金ができた原因が問われないため、浪費やギャンブルなどでできた借金でも整理できます。

ただし、個人再生を始めたら、浪費をせず、支出の管理をしっかりとできるようになることがとても大切です。

個人再生では借金の原因が浪費やギャンブルであっても借金を整理することができる

個人再生では、借金の理由が問われることはありません。たとえ借金をした原因が浪費やギャンブルであっても、手続き上でそれを聞かれることはないのです。

つまり、個人再生なら浪費やギャンブルでの借金でも減額してもらえるということです。

個人再生が認めてもらえないのはどんな場合か

ただし、個人再生も、どんな場合でも認めてもらえるというわけではありません。以下のような場合には個人再生による借金減額が認めてもらえなくなりますので、注意しましょう。

  • きちんとした再生計画が立てられない、または再生計画どおりに借金を返済できないとき

再生計画というのは、簡単にいうと借金の返済計画のことです。個人再生では法律に従った再生計画を立てて、そのとおりに返済を行っていくことが非常に重要となりますので、それができない場合には、個人再生による借金減額を認めてもらうことはできません。

  • 清算価値保障の原則が守れないとき

清算価値保障の原則というのは、借入先である銀行・クレジットカード会社・消費者金融に対して、「最低でも自分が持っている財産の価値以上の金額を返済しましょう」という、個人再生において非常に重要なルールです。清算価値保証の原則について詳しくは、当サイトの個人再生に関する記事をご参照ください。

  • 借金の総額が5000万円を超えるとき

個人再生で整理できる借金は総額が5000万円以下の借金のみ、ということは、法律ではっきりと定められています。借金総額が5000万円をわずかでも上回る場合は、個人再生で整理することはできません。

  • 将来、継続的に収入を得ていく見込みがないとき

個人再生の場合、借金の返済額を最大で5分の1程度に減額してもらうことはできますが、減額してもらった借金を決められた期間(3~5年程度)で返済していくことが必要不可欠になります。

そのため、パートやアルバイトなどでも構いませんので、借金の返済に十分な資金をあてられるよう、将来にわたって継続的に収入を得られる人でなければ、個人再生を認めてもらうことができません。

自己破産では浪費やギャンブルの借金は免責不許可事由にあたり認められないことも

自己破産は財産を処分する代わりに借金の返済義務を免除してもらえる、最も強力な債務整理です。

しかし、自己破産では破産法第252条によって、浪費やギャンブルを原因とする借金が「免責不許可事由」に定められています。免責不許可事由というのは、借金返済の義務を免除すること(これを「免責」といいます)が許可できない理由、という意味です。

破産を申し立てた人に免責不許可事由がある場合は、免責を許可するかしないかが裁判所の判断で決められることになります。裁量免責といって、裁判所が自己破産での免責を特別に認めてくれるケースもありますが、認めてもらえない可能性も大いにあるわけです。

自己破産では個人再生と異なり、浪費やギャンブルによる借金は返済義務を免除してもらえない可能性が高くなるということは、覚えておいたほうがよいでしょう。

個人再生を始めたら浪費をせず支出の管理をしっかりしよう

上で軽くふれましたが、個人再生では、減額してもらった借金を計画に沿ってしっかりと返済していくことが非常に重要であり、そのために継続的な収入を得ていくことが必要不可欠になります。

さらに、裁判所に個人再生を認めてもらうためには、収入の中から生活費に加えて借金の返済額をきちんと確保できるということをしっかりと示さなければなりません。そのため、支出の管理もとても大切になってきます。

支出の管理ができるかどうかという点は、裁判所や再生員にしっかりと見られます。「支出の見直しをして、支出の管理ができるということが示されている家計簿を提出するように」という指導があることも少なくありません。

そのため、個人再生を始めたら、浪費をせず支出の管理を確実に行っていくことを常に心がけるべきです。そうすることで、個人再生が終わった後も、借金に頼らない生活をすることができるようになるでしょう。

浪費での借金は個人再生できる?のまとめ

本棚とペン
  • 個人再生なら借金の原因が問われないため、浪費やギャンブルの借金も免責してもらえる
  • 自己破産では、浪費などの借金は免責不許可事由にあたり、免責されない可能性がある
  • 個人再生では、継続的に収入を得て、生活費と借金の返済額を確保していくことが重要
  • 個人再生を始めたら、浪費を控えて支出の管理をきちんとするべき

執筆・監修

藤田司法書士

藤田 太

保有資格

  • 日本司法書士会連合会所属
  • 埼玉司法書士会所属 登録番号 第1124号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定 第601564号
  • 日本行政書士会連合会所属
  • 埼玉県行政書士会所属 登録番号 第07131937号

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

くすの木総合法務事務所(埼玉)
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

くすの木総合法務事務所(埼玉)

【埼玉】債務整理相談センタースタッフ
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号