債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

個人再生すると賃貸住宅を出ていかなければならない?

弁護士とパラリーガル

「持ち家が残せる個人再生、賃貸住宅の場合はどうなるの?」
「個人再生をしたら、アパートを追い出されることはあるの?」

個人再生とは、裁判所を通じ、借金の元金を最大で5分の1まで圧縮する債務整理です。「住宅ローン特則」という特例があり、持ち家を持ったまま債務整理できることも特徴の1つです。

では、賃貸住宅にお住まいの方が個人再生をした場合は、どうなってしまうのでしょうか。

本ページでは、個人再生が賃貸物件の契約に与える影響について解説します。

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所を通じた債務整理です。

認められると、利息の免除はもちろん、借金の元金が最大で5分の1まで圧縮されます。また、住宅ローン特則という特例を持ち、利用すれば住宅ローンだけを個人再生の対象から外すことができるため、持ち家を持ったまま債務整理できます。

一方、個人再生を行うと、信用情報に傷がつく、いわゆるブラックリスト入りをしてしまいます。

そのため、一時的にクレジットカードの使用・作成ができなくなったり、新たなローンの契約ができなくなったりします。個人再生の場合、ブラックリスト入りする期間は5〜7年です。

個人再生をしても基本的には今の住居に住んでいられる

個人再生をするとブラックリスト入りしている間、いくつかのことが制限されます。

しかし、これらが賃貸住宅の契約・更新などに影響を及ぼす可能性は低いです。

賃貸住宅にお住まいの方が個人再生をしても、家賃さえ払っていける状況であれば、一部例外を除いてそのまま今のお住いに住んでいられます。

契約更新も通ることが多いです。また、個人再生後に賃貸住宅の新規契約をする際も、のちに述べる注意点にだけ留意すれば、今までどおり借りられるはずです。

さらに、場合によっては、家族が賃貸住宅を契約する際の保証人になれることもあります。

こんなときは注意

賃貸住宅の契約内容によっては、個人再生をすることによって、今のお住まい住み続けられなくなるケースがあります。

家賃をクレジットカード払いに設定しているとき

家賃の支払い方法をクレジットカード払いにしている場合、個人再生をすることでクレジットカードの使用が制限されるので、支払いができなくなってしまいます。

現在、家賃をクレジットカード支払いにしており、これから個人再生をする方が「今の賃貸物件に住み続けたい」と考える場合、大家さんに相談し、現金振込など支払い方法の変更を交渉してみましょう。

ただし、物件によっては、もともと支払い方法がクレジットカード払いだけに限定されている場合もあります。その場合には、引っ越しを余儀なくされることもあるかもしれません。

保証会社と契約しているとき

賃貸住宅を契約するときは、保証人を立てるか、保証会社と契約する必要があります。

保証会社と契約している場合、ごく稀にあなたが個人再生をしてブラックリスト入りしていることを保証会社に知られてしまい、次回の更新時に契約を打ち切られてしまう可能性があります。

契約を打ち切られた場合は、引っ越しを考えなければなりません。

とはいっても、不動産の保証会社は原則的には信用情報を見ることができません。信用情報を見ない保証会社のもとであれば、個人再生後の賃貸住宅の契約更新・新規契約に支障はありません。

しかし、近年は信用情報を見ることのできるオリコ・ジャックスなどの信販会社が不動産の保証会社をしていることもあり、信用情報を含めて契約更新や新規契約の審査を行うケースもあります。

不動産の審査は信用情報だけで審査結果を決めるわけではありません。あなたの勤め先や、勤続年数、年収などから総合的に判断します。

個人再生をしたあと賃貸住宅を契約するときの注意点

原則、新規契約も可能である

個人再生をしたからといって、賃貸住宅の新規契約が全くできないということはありません。

不動産業者は信用情報を見ることができないため、あなたが個人再生をしたか知ることはできません。以下の点に注意すれば、賃貸住宅を新規で契約することができるでしょう。

家賃が現金払いでよいところを探すこと

個人再生後は一時的にクレジットカードの使用ができなくなるため、家賃の支払い方法が現金払いでよい物件を探すようにしましょう。

また、あなたが借りたいと思った物件がクレジットカード払いを指定されているようであれば、事情を説明して大家さんに相談してみるのも1つの手です。

賃貸住宅契約時にクレジットカードの作成を求められると……

不動産業者は信用情報を見ることができないので、「この人は家賃をきちんと払えるか」ということを判断する与信調査をして、賃貸住宅の契約時に新規でクレジットカードを作らせるケースがあります。

個人再生をしている方の場合、ブラックリスト入りしている期間はクレジットカードの作成ができません。もし、このようなことを求められたら、別の物件を探すとよいでしょう。

保証会社の審査に通るためには

前述の通り、不動産の保証会社は信用情報を見れないことが多いのですが、信販系の保証会社の場合、信用情報を見れるために個人再生の履歴が審査に響くケースもあります。

もし、1度審査に落ちたとしても、他の保証会社であれば審査に通る可能性もありますので、簡単に諦めず、不動産業者に相談してみましょう。

まとめ

本棚とペン

■個人再生をしても今の賃貸住宅に住んでいられる可能性が高い
・家賃の支払いをクレジットカード払いにしている場合は変更が必要
・信販系の保証会社と契約していると、稀に契約更新ができないこともある

■個人再生後、賃貸住宅を新規契約するときの注意点
・家賃が現金払いでよいところを探す
・契約時のクレジットカード新規作成が必要な場合は別の物件を探す
・保証会社の審査に外れたら、別の保証会社をあたってみる

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分