債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

個人再生すると携帯電話は解約になる?

弁護士とパラリーガル

「個人再生した後も携帯電話を使いたいんだけど」
「個人再生すると、絶対に携帯電話が解約になるの?」

個人再生は借金を5分の1程度まで減額できる強力な債務整理ですが、個人再生をするとブラックリストに載るため、いくつかの制限がかかります。

ブラックリストについては広く知られるようになってきたため、個人再生した後は携帯電話を使えなくなるのでは、という心配も多くなってきたように思います。

個人再生と携帯電話の関係としては、ブラックリストに加えて、個人再生で携帯電話の利用料金の滞納分を整理した場合もポイントになってきますので、そのあたりを踏まえて説明していきます。

携帯電話の利用料金を滞納していると個人再生の対象になるため使用できなくなる

まず、個人再生をした後で今の携帯電話が絶対に利用できなくなるケースについて説明します。それは、携帯電話の利用料金を滞納している状態で、個人再生を行った場合です。

個人再生は裁判所を通して行われる法的な手続きであり、「借金の貸し手全員に対して平等に債務整理をしなければならない」というルールがあります。つまり、この借金は個人再生するがあの借金は個人再生しない、ということはできないのです。

そして、携帯電話の利用料金を滞納している場合、それも借金と同じように扱われます。つまり、滞納している携帯電話会社も個人再生の対象に必ず含まれるということです。

ここで例をあげます。DoCoMoの携帯電話を使っていて、利用料金を滞納している人が、プロミスから200万円、三菱UFJ銀行から300万円の借金をしていて、個人再生をするとします。

この場合、個人再生なのですべての借金を同じように債務整理することになります。つまり、DoCoMo、プロミス、三菱UFJ銀行に対してそれぞれ同じように個人再生を行い、借金や滞納している利用料金を整理するのです。

そうするとどうなるかというと、個人再生の対象となったDoCoMoとの携帯電話の利用契約は破棄となるため、今使っている携帯電話は当然ながら利用できなくなります。また、今後DoCoMoと新規で携帯電話の利用契約を結ぶことも難しくなります。

ここでは、以下の2点に注意してください。

  • 個人再生は対象とする借金を選ぶことができないので、滞納している携帯電話も含まれる
  • 料金を滞納している携帯電話を個人再生すると、その携帯電話は利用できなくなる

携帯電話の本体代を分割払いにした場合は残額の一括返済を求められることがある

下で詳しく説明しますが、個人再生をするとブラックリストに載るため、信用が必要な取引(クレジットカードの利用など)ができなくなるという制限を受けます。

その影響で、携帯電話の本体代を分割払いにして、まだ支払いが残っている場合は、残額を一括で支払うよう求められることがあります。

これは、クレジットカードの分割払いと同じで、携帯電話の本体代の分割払いも信用が必要な取引の一つとして扱われているためです。

最近の料金プランでは、携帯電話の本体代を分割払いにして、月々の利用料金と一緒に支払うという形がポピュラーになっていますので、携帯電話の本体代の支払いが終わっているかどうかは、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

個人再生するとブラックリストに入るためいくつかの制約がある

上で少し触れましたが、個人再生するとブラックリストに入るため、信用が必要な取引ができなくなるといった制約がかかります。

ブラックリストとは

ブラックリストに入るとはどのような状態かというと、個人再生をしたことで信用情報機関に信用事故の情報が記録されている状態のことをいいます。

信用情報機関というのは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している機関で、ローンやクレジットカードの利用状況、支払い状況といった信用情報を管理しています。

借金の貸し手である銀行・クレジットカード会社・消費者金融は、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを確認するために、信用情報機関から信用情報を見ることができるのです。

そして、個人再生をすると「あらかじめ決まっていた条件で借金を返せなかった」という信用事故の情報が信用情報機関に記録されます。

ブラックリストに載っている間はできなくなること

個人再生をしてから5年~10年程度の間は、ブラックリストに載っている状態が続くため、クレジットカードの利用・作成やローンの利用、借金の保証人になるといった、信用が必要な取引ができなくなるのです。

このことは、携帯電話を新規で購入する場合にも関係してきます。

上で説明したように、携帯電話の本体代を分割払いで購入するということは、クレジットカードの分割払いと同じで、信用が必要な取引とみなされます。

そのため、ブラックリストに載っている間は本体代を分割払いにして携帯電話を新規購入することができません。

個人再生をしてブラックリストに載っている間に携帯電話を新規で契約したい場合は、本体代を一括払いにしましょう。

また、ブラックリストに載っている間はクレジットカードが使えませんので、携帯電話の利用料金をクレジットカード払いにしている場合は、口座引き落としやコンビニ払いなどに変更しておきましょう。

個人再生すると携帯電話は解約になる?のまとめ

本棚とペン
  • 個人再生ではすべての借金を対象としなければならない
  • 携帯電話の利用料金を滞納していると、それも借金と同じように個人再生の対象となる
  • 携帯電話の利用料金の滞納分を個人再生すると、その携帯電話は使えなくなる
  • 携帯電話の本体代を分割払いにしていた場合、残額の一括払いが求められることがある
  • 個人再生するとブラックリストに載るため、本体代の分割払いはできなくなる
  • ブラックリストに載っている間は、携帯代をクレジットカードで支払えない

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分