債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

個人再生は戸籍や住民票に記録が残る?

弁護士とパラリーガル

「個人再生をすると、戸籍や住民票に記録されるって本当?」
「戸籍や住民票から個人再生がバレたら嫌だ」

個人再生は借金を5分の1程度まで減額してもらえる債務整理ですが、デメリットとして誤った情報が広まってしまっていることもあります。

そんな誤解の一つに、「個人再生をすると戸籍や住民票に記録が残る」というものがあります。

個人再生だけではなく、任意整理や自己破産でもそうなのですが、債務整理をしたからといって戸籍や住民票に記録されたり、それが残ったりするというのは誤った知識です。

ここでは、個人再生をするとどんなところに記録が残るのか、逆に記録が残らないのはどんなものかを簡単にまとめます。

個人再生しても住民票や戸籍には記録されないが官報には載る

個人再生すると記録が残ると思われることがあるけれども、実は記録されることがない書類としては、以下のようなものがあります。

  • 住民票
  • 戸籍
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

住民票や戸籍などの公的な書類に、個人再生や任意整理、自己破産といった債務整理の記録が残ることは一切ありません。そのため、住民票や戸籍などから個人再生がバレるといったことは起こりません。

ではどのような書類に個人再生の記録が残るのかというと、「官報」があげられます。逆に、個人再生の場合、官報以外の公的な書類に記録が残ることはありません。

個人再生は裁判所を通して行われる法的な手続きですので、その記録が国の新聞である官報に掲載されます。

官報はインターネット上で無料公開されているなど、誰でも見ることができるようになってはいるのですが、一般の人は官報を日常的に見たりしないどころか、そんなものがあるということさえ知らないことが多いです。

そのため、個人再生したことが官報から友人知人にバレるということは、まず起こらないと考えて大丈夫です。

ちなみに、任意整理の場合は裁判所を通さないため、官報にも載りません。自己破産と個人再生の場合は官報に載りますが、上記のとおり、あまり心配する必要があることではありません。

個人再生は戸籍や住民票に記録が残る?のまとめ

本棚とペン
  • 個人再生しても戸籍や住民票などの書類に記録が残ることはない
  • 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、保険証などにも記録は残らない
  • 個人再生の記録が公に残る書類は、国の新聞である「官報」のみ
  • 官報を読む人はごくわずかなので、官報から友人知人に個人再生がバレることはない

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分