埼玉県で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら【くすの木総合法務事務所(埼玉)まで!

<債務整理に強い司法書士事務所>
運営:くすの木総合法務事務所
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

営業時間
平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)
24時間対応の無料電話相談はこちら!
0120-325-045

メールでの無料相談も24時間お気軽に!

自己破産後に妻のクレジットカードは使える?

司法書士とパラリーガル

「自己破産すると、妻もクレジットカードが使えなくなるのだろうか」
「自己破産しても妻はクレジットカードが使えるって本当?」

自己破産するとブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなりますが、妻や子どもといった家族の場合はどうなのかが知りたい人も多いと思います。

実際は、自己破産した本人以外には、ブラックリストの影響は出ません。

つまり、妻などの家族は今までどおりクレジットカードを使うことができるのです。

ここでは、ブラックリストの仕組みを簡単に説明し、自己破産した人の妻など、家族がクレジットカードを持つことについてまとめます。

自己破産した本人はブラックリストに載るためクレジットカードが使えなくなる

自己破産すると、「信用情報機関」という機関に「信用事故」の情報が登録されます。この状態が、いわゆる「ブラックリストに載る」ということです。

信用情報機関と信用情報について

信用情報機関というのは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している機関です。

信用情報機関は、ローンなどの利用・返済状況、クレジットカードの利用状況といった信用情報を管理しています。

そこに加盟している銀行・クレジットカード会社・消費者金融は、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを調べるために、信用情報を見ることができるのです。

そして、自己破産をすると、借金を返すことができずに自己破産をしたという信用事故の情報が、信用情報機関に登録されます。

ブラックリストに載るとできなくなること

信用事故の情報は、自己破産の場合10年ほど経つまで登録が解除されません。

この約10年間、自己破産をした本人は、クレジットカードの利用・作成、ローンの利用、借金の保証人になる、といったことができなくなります。

なお、10年ほど経ってブラックリストが解除されると、再びクレジットカードやローンを利用したり、保証人になったりできるようになります。

妻がブラックリストに載っていなければ妻のクレジットカードは使える

ブラックリストに載ることで制限を受けるのは、自己破産をした本人だけです。

例えば、夫が自己破産をした場合でも、妻の信用情報は自己破産の影響を何も受けません。

つまり、夫が自己破産したとしても、妻はクレジットカードを今までどおり使うことができますし、ローンを組んだり保証人になったりすることにも何の問題もないのです。

ただし、妻が何らかの債務整理をしたり、何かの利用料金を滞納したりして、妻もブラックリストに載っている状態の場合は、当然ながら妻もクレジットカードが使えない状態になっています。

自己破産した後も家族カードなら使える

自己破産した後はクレジットカードが使えなくなると書きましたが、自己破産をした本人もクレジットカードを使う方法が一つあります。それが、家族カードです。

家族カードとは

家族カードとは、収入が安定している人が契約をすることで、その人の家族もクレジットカードを利用することができるようになる仕組みです。

例えば、安定した収入のある親がクレジットカードの契約を結び、子どもに家族カードを持たせたとします。

こうすると、子どもに収入がないなど、本来ならクレジットカードを持つことができない立場であった場合でも、クレジットカードのサービスを利用することができます。

子どもが家族カードで利用したぶんのお金は、親の口座からまとめて支払われることになります。

つまり、家族カードは親の信用情報を利用して使えるようになっているため、収入がない子どももクレジットカードを持つことができるのです。

自己破産した本人を子カードにして妻が親カードを作ればクレジットカードが使える

上の例は、自己破産をした夫と、その妻の場合にも当てはまります。

この場合、夫は自己破産したことでブラックリストに載っているため、本来であればクレジットカードを利用することはできません。

しかし、夫が自己破産したことと妻の信用情報には何の関係もありませんので、妻はクレジットカードを利用することができます。

つまり、妻のクレジットカードを親カード、自己破産した夫を子カードとして家族カードを作れば、夫もクレジットカードを利用することが可能というわけです。

※妻も債務整理を行っていたり、何かの料金を滞納したりしたためにブラックリストに載っている場合は、妻もクレジットカードを利用することができません。

自己破産した後でどうしてもクレジットカードを使う必要があるという場合には、妻などの家族に相談して協力してもらうのも手だということです。

自己破産後に妻のクレジットカードは使える?まとめ

本棚とペン
  • 自己破産するとブラックリストに載るため、クレジットカードが10年ほど使えなくなる
  • 自己破産でブラックリストに載るのは本人(夫)だけで、妻はクレジットカードが使える
  • 自己破産しても家族カードであれば使うことは可能
  • 妻を親カード、夫(自己破産した本人)を子カードにすれば、夫もカードを持てる

執筆・監修

藤田司法書士

藤田 太

保有資格

  • 日本司法書士会連合会所属
  • 埼玉司法書士会所属 登録番号 第1124号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定 第601564号
  • 日本行政書士会連合会所属
  • 埼玉県行政書士会所属 登録番号 第07131937号

24時間対応‼
債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-325-045

くすの木総合法務事務所(埼玉)
運営:くすの木総合法務事務所

営業時間:平日:9:00~18:30/土日祝:10:00~17:00
※無料相談・お問い合わせは24時間対応‼

〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号

東武東上線川越駅より電車10分
東武東上線若葉駅より徒歩8分

24時間対応の無料相談

困っている男女

電話で無料電話はこちら‼

0120-325-045

メール相談も24時間受付中‼

くすの木総合法務事務所(埼玉)

【埼玉】債務整理相談センタースタッフ
債務整理相談はこちらから
0120-325-045
メールでの無料相談はこちら
住所

埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目12番7号