債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

自己破産による保証人への影響とは?どんな迷惑がかかる?

弁護士とパラリーガル

「自己破産すると、連帯保証人にも迷惑がかかるのかな?」

自己破産は裁判所に借金の返済ができないことを認めてもらい、借金やローンをすべてチャラにしてもらう債務整理です。

もっとも、保証人がある借金を自己破産するとなると、保証人には迷惑がかかることになるので、注意が必要です。

自己破産をする側としては、極力、保証人には迷惑がかからないようにしたいものですよね。

今回は、自己破産すると保証人にはどのような影響があるのか?について、詳しく解説いたします。

自己破産をすると保証人はどうなるのか?

自己破産と連帯保証人の関係を知る前に、まず基本的な事として、

①通常保証

②連帯保証

...の違いについて、おさえておきましょう。

カード会社をはじめとした、金融機関からの借金をする場合は、連帯保証となっている場合がほとんどですが、通常保証と連帯保証はどう違うのでしょうか?

通常保証と連帯保証

消費者金融のようなカード会社から借り入れをおこなう際、必ずといってよいほど、連帯保証の形をとらされます。

連帯保証人は、通常の保証よりも責任が重く、ほぼ借金を借りている人と同じ責任を担わされている、と考えてよいです。

なので、カード会社がいきなり連帯保証人に請求した場合でも、それに対して「まずは借主に請求してください」という権利(催告の抗弁権)や、「先に借主の財産を処分してください」という権利(検索の抗弁権)も、ありません。

これに対して、通常保証とは、借金をしている人が返済できなくなった場合にもに、返済義務が生じる保証となります。

自己破産をすると連帯保証人はどうなるのか?

借金の返済が苦しくなり、自己破産を検討する際、もっとも気がかりになることの一つが、連帯保証人ではないでしょうか。

自己破産の場合は、保証人へ迷惑が及ぶので注意が必要です。個人再生と自己破産では、任意整理のように整理対象を自由に選ぶことができません。また個人再生が裁判所を介する手続きとなるため、債権者平等の原則が厳守されることになり、全ての借金が、強制的に整理対象になります。

したがって、自己破産は、保証人が付いているの借金を除外できません。あなたが再生計画通りに返済できなければ、保証人が返済義務を負います。

保証人は一括返済を求められ、分割払いが認定されるケースもあるのですが(これはカード会社との交渉次第となります)それでも返済が難しいのであれば、保証人が債務整理をしなくてはならない状況に陥ります。

また当然、保証人が債務整理をする場合も、保証人自身がブラックリストに載ることになります。

配偶者が保証人の場合は?

もしあなたの配偶者が住宅ローンの保証人だった場合は、配偶者に一括請求が来ることになります。

もっとも、あなたが支払えないのだから、当然、配偶者も一括で返済することは、難しいでしょう。

なお、もしあなたと配偶者が離婚したとしても、配偶者は保証人としての責任を免れることはできません。

このようなケースでは、保証人も含めて自己破産するしかありません。

保証人もブラックリストに載るの?

自己破産した場合の、連帯保証人の影響にはどんなものがあるのでしょうか?

保証人とブラックリストの関係

個人と金融機関の取引情報を管理する、「信用情報機関」と呼ばれる会社があり、もし借金を返済できなかった場合などは、事故情報として記録され、以後5~7年程はローンやクレジットカードの作成、キャッシングなどはできなくなります。

このことを、一般的に「ブラックリストに載る」といいます。

もしカード会社が保証人を付けることを要求してきたら、その保証人はカード会社にとって「回収不能な状況になった時の切り札」なので、当然保証人にも審査を行います。

ただ、この時点ではまだ、「保証人になった」というデータが記録されるだけです。借金をしている人が通常通り返済しているのであれば、問題はありません。

保証人がブラックリストに載るケース

もし借金をした本人が、滞納をするようになり、保証人に請求が行くようになったとしても、その保証人がしっかりと返済していけるのであれば、保証人がブラックリストには載ることはありません。

ですが、もしも保証人も支払えなければ、元の借金をしていた人と同様、債務整理をしなければならない事態となります。

当然、保証債務も、通常の借金と同じように滞納や債務整理があると、事故情報扱いとなるので、保証人もブラックリストに載ってしまいます。

自己破産による一括請求から保証人は免れるのか?

もしあなたが自己破産をした人の連帯保証人となっている場合は、どのように対策をとればよいでしょうか?

自己破産をする人は、ほとんど場合、多額の借金を背負っています。それを一括で請求されるとなったら、保証人もたまったものではありませんね。

どうすれば、保証人の負担を減らすことができるのでしょうか?

保証人・連帯保証人の権利をおさえる

上記でもご説明しましたが、保証人には、

①保証人

②連帯保証人

...の2種類があります。

もちろん、どちらであっても支払い義務から免れることはできませんが、実は行使できる権利が異なります。

下記に整理すると、

 

返済義務

持っている権利

保証人

債務者の返済が困難な場合だけ、代わりに支払い義務を負う

・催告の抗弁権
・検索の抗弁権
・求償権

連帯保証人

債務者と同様の支払い義務を負う

・求償権のみ

上記の通り、連帯保証人の方が、より責任が重くなるのです。ところが、自己破産をするとなると、どのみち「返済が困難な」状態となるので、保証人、連帯保証人ともに同じように、一括請求をされます。

保証人・連帯保証人ともに行使できる請求権

ただし、自己破産の保証人については、「求償権」を行使できる場合があります。

これは他人Aの借金を肩代わりして、カード会社に弁済したBが、Aに対して「私がカード会社に払ってあげたのだから、その分を返してください」...といえる権利のことです。

もっとも、現実問題として、元の借金をしていた人はすでに自己破産などをしていることも多く、また自己破産の手続きの中で、「債権者一覧表」の一部として連帯保証人の名前を記入すれば、求償権も含めて免責されてしまうので、連帯保証人が肩代わりさせられたとしても法的に求償権が行使できないケースもあります。

このあたりの法律の解釈は難しい部分なので、もし保証人として求償権の行使を検討している場合は、弁護士に相談するべきです。

保証人だけが行使できる権利

保証人には、カード会社から請求を免れる3つの権利があります。

催告の抗弁権

カード会社が保証人に返済を追ったときに、先に借金をした本人に請求するように求める権利

検索の抗弁権

カード会社が借金をした本人に支払い能力がないと判断し、保証人に請求した場合、借金をした本人の財産を差し押さえるよう請求できる権利

求償権

保証人がカード会社の請求に応じて支払いをした場合、その金額を借金をした本人に請求できる権利

たとえば、保証人がカード会社から一括請求を求められたら、保証人はこれを行使し「もう一人の連帯保証人がいるので、そちらに請求してください」と求めることが可能です。(なお、連帯保証人には、この権利はありません)

一括返済できない借金を任意整理する

ただし、これらの3つの権利を行使しても、保証人や連帯保証人が一括請求を免れる可能性は低いのが実情です。

もっとも現実的な方法のひとつとして、任意整理を行い、カード会社と交渉をして、返済額を分割できないか交渉することが挙げられます。

連帯保証人に迷惑をかけない為の対策は?

もし元の借金をしている人が、自己破産を検討している場合、保証人に対しては、どんな提案やアドバイスができるのでしょうか?

下記にて整理いたします。

早めに弁護士や司法書士に相談をする

そもそも、自己破産を選んでいる時点で、保証人は何らかの形で、迷惑を被らざるを得ません。

それでも、被害を最小限に抑える方法としては、

①時効完成を主張できる場合は行使する

②求償権を行使できる場合は行使する

③保証債務を相続した場合は相続放棄を検討する

...があげられます。

何はともあれ、出来る対策はないか?と検討するのは素人には難しいので、早めに弁護士や司法書士へ相談すべきなのは、間違いありません。

保証人に迷惑をかけてしまったら

もし自己破産を選び、保証人に迷惑をかけながらも手続きをしなければならない場合は、元の借金をしている人は、なんらかの形で保証人をアフターフォローすべきでしょう。

もし求償権がなくなっていたり、行使されても応じる能力がないという場合でも、時間をかけて保証人に返済していったり、こまめに状況報告するなど、信頼関係を回復するための努力はあるはずです。

もし他人に連帯保証人を依頼する場合は、

①支払い不能になったり、債務整理する前に必ず報告し、理解を求める

②迷惑をかけた場合は、アフターフォローをする

...これだけは最低限のマナーではないでしょうか。

まとめ

本棚とペン

自己破産の手続きを検討している場合は、各手続きのメリットとデメリットを十分に把握して、保証人がいれば、お互いにとって、もっとも穏当なやり方は何か?ということを、慎重に判断することが、重要です。

実際には、破産手続きが開始された時点で、カード会社から保証人へ請求が来ることになります。突然、請求が来て保証人は途方にくれる...となるのは、あまりにも酷い話なので、最低限のマナーとして、自己破産前に必ず相談するべきでしょう。

借金苦で自己破産するしかない状況で、切羽詰っていたとしても、せめて保証人にも準備をする時間を作ることが大切です。

いずれにせよ、まずは弁護士や、司法書士へ相談することをお勧めいたします。

  • 自己破産の(連帯)保証人は、破産手続きの開始と同時に、カード会社から借金の一括請求をされる
  • 一括返済が難しいのであれば、保証人が債務整理をしなくてはならない状況に陥る
  • 保証人は求償権を行使できる可能性があるので検討すべき
  • 債務整理により保証人に迷惑がかけるようであれば、アフターフォローなどを十分に検討すべき

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分