債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

自己破産すると銀行口座はどうなる?

弁護士とパラリーガル

「自己破産した後も、銀行口座を使うことはできる?」
「今持っている銀行口座は、自己破産するとどうなるの?」

自己破産すると財産が処分されるため、銀行口座がどうなるのかが心配になる人は少なくないはずです。

実際には、銀行から借金をしている場合はその銀行の口座が凍結されますが、借金をしていない銀行の場合は口座をそのまま使い続けることができます。

ただ、銀行に借金がある場合もない場合も、自己破産をする前にやっておいたほうがいいことがいくつかありますので、注意してください。

自己破産すると借金がない銀行口座は凍結されないが借金がある銀行口座は凍結される

自己破産をした後の銀行口座はどうなるのか、という疑問への答えは、その銀行に借金があるかないかで変わってきます。

借金がない銀行の場合、自己破産しても銀行口座をそのまま使い続けることができます。

ただし、借金がない銀行の口座についても注意すべきことがあります。これについては次の項目で詳しく説明します。

自己破産をすると、借金がある銀行口座は凍結され、残高が借金と相殺される

自己破産するときに銀行からの借金がある場合、その銀行の口座はすべて凍結されます。

銀行口座が凍結されると、出金ができなくなります。また、入金もできなくなる銀行もあります。

凍結された口座に預けられていたお金は、借金と相殺するために強制的に引き落とされます。つまり、凍結されるときに銀行口座に残高があると、そのお金は回収されて借金の返済にあてられてしまい、取り戻すことができなくなります。

銀行口座が凍結されるのは保証会社による「代位弁済」が行われるまで

銀行からの借金には保証会社がついています。借金を返せずに自己破産した場合、この保証会社が残りの借金を代わりに全額返済します。これを「代位弁済」といいます。

多くの銀行では、代位弁済が行われた後は、口座の凍結を解除して元通りに使えるようにしてくれます。ただし、銀行によっては自己破産が口座の解約条件になっていることもありますので、その場合は別の銀行で新規に口座を作る必要があります。

自己破産で銀行口座が凍結される前にやっておくべきこと

自己破産で銀行口座が凍結されるのは、弁護士と契約して、弁護士が自己破産を任されたことを知らせる「受任通知」が銀行に送られてからです。

つまり、自己破産をすると決めたら、弁護士が銀行に受任通知を送る前に、凍結される口座に対策をしておく必要があるということです。

  • 銀行口座の残高を0にする

銀行口座が凍結されると残高が借金と相殺されてしまうので、あらかじめ預金をすべて引き出しておく必要があります。

  • 給料、報酬、年金といった収入の振込先を別の口座にする

凍結される銀行口座が給料などの振込先になっていると、振り込まれたお金を引き出すことができなくなってしまいます。

また、入金もできなくなる銀行の場合は、銀行とのトラブルが会社などにバレてしまう可能性があります。

そのため、給料などの振込先は事前に別の銀行の口座へ変更しておきましょう。手続きに時間がかかる場合は、弁護士に知らせてください。

  • 公共料金などの引き落とし口座を別の口座にする

凍結される銀行口座が電気・水道などの公共料金や税金・年金などの引き落とし口座になっている場合、凍結後は引き落としができなくなってしまいますので、事前に別の口座を引き落とし口座にするか、コンビニ払いなどの支払い方法に変更しておく必要があります。

借金がない銀行の口座ではカード会社などへの自動引き落としに注意

借金がない銀行の口座は何の心配もないかというと、そうではありません。クレジットカード会社などへの自動引き落としがある場合に注意が必要なのです。

自己破産では、すべての借金を同じように扱わなければならない、というルールがあります。つまり、特定の借金を優先して返済してはいけない、ということです。

借金がない銀行の口座の場合でも、クレジットカード会社などへの支払いのために口座引き落としが行われている場合は、自己破産を申し立てた後に引き落としがされてしまい、特定の借金を優先して返したと裁判所から疑われてしまうおそれがあります。

そのため、クレジットカード会社などへの口座引き落としが設定されている場合は、あらかじめその口座の残高を0にしておく必要があります。

なお、引き出したお金の管理や使いみちについては弁護士と相談してください。自己破産の直前に引き出したお金は、生活費や弁護士費用などに使うぶんには問題ありませんが、管理の方法や使い方を誤ると裁判所から問題視されてしまうおそれがあります。

借金があった銀行以外の銀行なら問題なく新規の口座を作れる

自己破産の手続き中や、自己破産をした後でも、借金をしていなかった銀行であれば、問題なく新規の口座を作ることができます。

一方、借金があった銀行の場合は、自己破産をしたということがはっきりわかっていますので、口座を作ることができない場合があります。別支店であれば新規で口座を開設できるといわれていることもありますが、銀行の判断によっては断られることもあると考えておいたほうがよいでしょう。

自己破産すると銀行口座はどうなる?まとめ

本棚とペン
  • 自己破産すると、借金がある銀行の口座はすべて凍結され、残高が借金と相殺される
  • 自己破産する前に、凍結される銀行口座からお金をすべて引き出しておく
  • 凍結される銀行口座が振込先や引き落とし口座になっている場合は変更しておく
  • 自己破産しても、借金がない銀行の口座はそのまま使うことができる
  • 銀行口座がクレジットカードなどの引落口座になっている場合は、残高を0にしておく
  • 自己破産しても、借金がない銀行の口座は新規に作ることができる

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

債務整理の無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分