債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)なら埼玉県大宮の法律事務所SAIまで!

<債務整理に強い弁護士事務所>
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口から徒歩5分

お電話での無料相談はこちら
0120-137-023
受付時間
平日9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

取扱業務

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

メールでの無料相談は24時間お気軽に!

イオンカードを債務整理(任意整理)するとどうなる?

弁護士とパラリーガル

「イオンカードを任意整理するど、どうなるのかな?」

イオンカードはキャッシング枠やショッピング枠をはじめとして、お買い物に使いやすいカードとしてユーザーに支持されています。

一方で、イオンカードで借金をかなねた結果、利息や遅延損害金が膨れ上がり返済が大変になっているという人もいるようです。

イオンカードは任意整理の交渉も柔軟であることでも知られています。

もしイオンカードでの借金の返済が難しくなった場合、任意整理を検討すべきです。

今回はイオンカードで任意整理すると、どうなるのか?どのようなメリットやデメリットがあるのか?について詳しく解説します。

任意整理とは

任意整理とは、カード会社と交渉して、利息や遅延損害金の支払いを免除してもらい、なおかつ、返済期間を長くすることができる(およそ5年計画)ことで、毎月の返済額を減額できる、というものです。

もしイオンカードの総枠で計200万円の借金があり、毎月の返済が困難な状況に陥っている、Aさんがいるとしましょう。

①借金内容

借金

200万円

金利

18%

支払い回数

36

将来金利含めた想定の返済総額

2,602,980

毎月の支払い

72,305

なんと利息分だけで,602,980円もあったのですね。

これが任意整理を行い、イオンカードとの交渉が成立すると、下記のようにAさんの借金の状況が変わります。

②任意整理後の借金

借金の総額

200万円

金利

0%

交渉前との差分

602,980
交渉により免除となった部分
(将来利息分)

任意整理後の

支払い回数

60

(およそ5年計画)

毎月の支払い

33,333

 

上記の例では、毎月の支払いが72,305円だったのが、任意整理後は、33,333円にまで減額することが出来るわけです。

イオンカードを任意整理するメリット・デメリット

イオンカードを任意整理すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?整理いたします。

整理対象を選べる

任意整理の最大の特徴は、整理する対象のカード会社を選択できるという点です。

この特徴により、例えば住宅ローンや自動車ローンはそのままの状態で、他の借金を整理することが可能です。

もしこれが個人再生や自己破産だった場合は、住宅ローンや自動車ローンも強制的に整理対象になり、ローンの返済が済んでいない場合は、家や自動車を没収されることになります。

任意整理ではそのようなリスクはありません。

なのでもし住宅ローンの返済が済んでいなくてもイオンカードだけを任意整理すれば問題解決できる訳です。

家族や会社に秘密で手続きができる

もうひとつ、任意整理の大きな特徴は、家族や会社には秘密で手続きを済ますことができるという点です。

任意整理は裁判所を介さず、直接カード会社と交渉して、穏便に解決が可能です。

また弁護士や司法書士などの専門家を雇うことで受任通知をイオンカードに送ることとなります。

受任通知を受け取ったイオンカードは、以後あなたに対して督促や連絡をすることができなくなります。

督促の電話や郵送などもこなくなります。

イオンカードでの借金で困っているという事実を、家族や会社に知られたくないと思っている人にとっては大きなメリットですね。

過払い金が発生している可能性も

イオンカードで2008年以前から、キャッシング枠を利用している人は、利息制限法の上限金利を上回る金利(1520%以上)で借金をしているケースがあります。(ショッピング枠では可能性なし)

イオンカードも2008年以前までは29.2%のグレーゾーン金利での貸付をおこなっていた為です。

その場合は利息制限法の上限金利にもとづいた「引き直し計算」をすれば、借金が大きく減る可能性がありますし、過払い金が借金を上回っていると、手元に現金が戻ってくることもあります。

これが、一般的に「過払い金」と呼ばれているものです。

もし過払い金があれば借金の元本から差し引いて減額できます。

借金の原因は不問

任意整理では借金の原因・理由は問われません。

これが自己破産では借金の理由がギャンブルや浪費、損害賠償などの違反に起因している場合は、免責不許可事由に当たり、認められない場合があるのです。

なのでイオンカードの借金がギャンブルの為だった場合、自己破産ではその借金は免責されないことになります。

任意整理では破産手続きの免責不許可事由のような規制はありません。

ギャンブルでも浪費でも、整理対象として手続きすることが可能です。

イオンカードを任意整理するデメリットは?

それでは任意整理にはデメリットはないのでしょうか?

まず、ブラックリストに載ってしまう点は、大きなデメリットです。

任意整理をすると個人信用情報にその事実が登録され、それから5年間は、銀行のローンやクレジットカードは使用できません。

その他、引越しの際に保証会社を利用することもできなくなりますし、携帯電話の新規買い替え・分割払いもできなくなります。

イオンカードで任意整理する時の注意点

イオンカードは任意整理するとき、どのような対応をとってくるのでしょうか?

基本的には任意整理の交渉に応じてくれます。

ただしあなたの取引状況によっては交渉が難しくなる場合もあるので、専門家とよく相談する必要があります。

一方で、任意整理といっても、すくなくとも元本は回収できる訳で、イオンカード側にもメリットがないわけではないのです。

イオンカード側からすれば、債権者が自己破産や個人再生をされるよりはずっとマシだからです。

分割払いの期間については、通常は3年間36回払い、最長5年間60回払いまでなら応じる可能性があります

滞納金があったり、短期借入だった場合でも、将来利息は免除してくれます。

遅延損害金が発生しているケースでも、和解後は免除してもらえる傾向にあるようです。

イオンカードで任意整理したら?

イオンカードの借金を任意整理すると、どのような状況になるのか、下記にて整理いたします。

和解の条件

(最長)5年間60回払い

利息分のカット

カットされる

滞納している場合

任意整理可能

過払い金の有無

あり

イオンカードの遅延損害金に注意

イオンカードの特徴として、そのキャッシング枠があります。審査にもよりますが、借入は最大300万円までできる可能性があります。

金利は18%で、かなり高金利です。

このキャッシング機能ですが、一回払いかリボ払いで返済しなければならない点が、ポイントです。

もしきっちり返済できなければ、カードは利用停止となり遅延損害金が発生します。

遅延損害金の利率は借金額によって変動しますが、約20%の日割りと、さらに高い金利で増加していきます。

もし100万円の借金があった場合は、1,000,000×0.2÷365×10で、約5470円程度の遅延金が発生することになります。

かくして、あっという間に借金額が増えていくことになるのです。

遅延損害金が発生している場合は、別途交渉を要するので、任意整理の際は専門家としっかり相談してください。

イオンカードの任意整理の流れ

イオンカードの借金を任意整理する際の流れを、下記に整理いたします。

弁護士や司法書士に依頼する

任意整理する際は、必ず専門家に依頼しましょう。

個人でやるとイオンカード側がまともに相手にしなかったり、和解の条件が不利になる可能性が高いです。

まずは弁護士や司法書士などの専門家を探すところからはじめましょう。

インターネットなどで事務所を検索して問い合わせて、メールや電話などでコンタクトをとり実際に対面で相談するという流れになります。

実際に対面してみて、「この人なら任せられる」と感じたら依頼しましょう。

なお依頼する際は、イオンカードの登録情報の他に、身分証明書や印鑑、すべてのクレジットカードの提出が必要です。

その後「委任状」にサインして正式に依頼することになります。

イオンカードに受任通知を送る

依頼された専門家は、イオンカードに「受任通知」を送ります。

受任通知とは、あなたが任意整理する意思をもって弁護士や司法書士に依頼したことを、イオンカードに通達することです。

受任通知を受け取ったイオンカードはあなたへの取立てや督促ができなくなります。

交渉・和解

依頼した弁護士や司法書士がイオンカードと直接交渉を行います。

上記でご説明した通り、任意整理では利息や手数料を全額カットした上で、最大560回払いの分割払いを条件に和解となるケースが多いです。

依頼費用支払い

交渉している間に、先払いで依頼費用を支払います。

相場としては1業者につき35万円ほど。

それに加えて、減額報酬が2割ほど発生します。

支払いが厳しい場合は、分割払いで支払います。

なお、それまでの毎月おこなっていたイオンカードへの支払いは受任通知を送っている時点でストップ扱いとなるので、2重の支払いにはなりません。

返済

イオンカードと和解が成立したら、翌月から借金の返済が開始されます。

支払い先はイオンカードの指定口座となります。

なお、ここまででおよそ3ヶ月ほどかかるのが一般的です。

当然ですが支払いの遅延や滞納は絶対やめましょう。

和解が取り消される場合もあります。

まとめ

本棚とペン

今回は、イオンカードの借金を任意整理するとどうなるのか?について詳しく解説しました。

イオンカードの借金で悩んでいたら、任意整理で解決できる可能性があります。

あなたの返済能力や取引状況次第では、最大5年間の分割払いも承諾してくれる可能性があります。

もし任意整理では返済が難しいということであれば、個人再生や自己破産も選択肢に入れて、専門家と一緒に検討してください。

  • イオンカードの任意整理の和解条件は5年分割60回払いが基準
  • 2008年以前からイオンカードのキャッシング枠を利用している場合は過払い金が発生している可能性がある
  • 任意整理でイオンカードと和解するまでに要する期間は約3ヶ月ほど
  • 任意整理をする際は、専門家に依頼することが重要

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

電話対応する女性

お電話での無料相談・お問合せはこちら

0120-137-023

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

※平日時間外および土日祝の法律相談をご希望の方は別途ご相談ください。

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
法律事務所SAIは大宮駅から徒歩5分でアクセス良好です!!

無料相談はこちら

困っている男女

お電話で債務整理無料相談はこちら

0120-137-023

メール相談は24時間受付

法律事務所SAI(大宮・埼玉)

法律事務所SAIの受付
債務整理相談はこちらから
0120-137-023
メールでの無料相談はこちら
住所

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル5F
大宮駅東口徒歩5分